Blog SEO

【クリック率UP】メタディスクリプションの書き方や適切な文字数について徹底解説

2020年5月23日

・メタディスクリプションって何?

・どうやって書けばいいの?

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

Twitter(@you_blog2912)を運営中

初心者の人だと『メタディスクリプション』という言葉自体聞いたことがない人も多いかと思います。

実は『メタディスクリプション』は、クリック率を上げるのにとても大切な作業工程です。

そこで今回は、「メタディスクリプション」の役割や具体的な書き方について紹介します。

この記事の内容

✔ メタディスクリプションとは?
✔ 役割と具体的な書き方

この記事を読めば、具体的な「メタディスクリプションの書き方」がわかるので、検索上位の記事のクリック率をさらに上げることができますよ。

メタディスクリプションは検索画面に表示される記事説明のこと

『メタディスクリプション』とは、下の画像の赤枠で囲った部分です。

メタディスクリプション

「メタディスクリプション」を書くことで、記事の内容が具体的にわかるので、読者は自分の知りたい内容が書いてあればクリックするという流れになります。

メタディスクリプションを書くことで、他の似たような記事とも「差別化」できます!

メタディスクリプションの書き方

続いて「メタディスクリプション」の書き方について紹介します。

結論、以下の3stepに従って書けばOKです。

  1. 読者の悩み・疑問・不安
  2. 記事の内容
  3. 記事への誘導

例えば、[ブログ 始め方]の記事であれば、以下のようにすればOKです。

➀読者の悩み、疑問、不安
ブログの始め方がわからない。どれくらいの費用がかかるの?
➁記事の内容
この記事では、ブログにかかる費用から、必要なものを取得する手順を、画像付きでわかりやすく解説しています。
➂記事への誘導
この記事の読めば、ブログの始め方がわかるので、今日からブログを始めることができますよ。

上のような構成で書くことで、読者に記事をクリックしてもらえる「メタディスクリプション」を書くことができます。

メタディスクリプションを書くときの注意点

「メタディスクリプション」を書くときは、以下の4点にも気をつけましょう。

  • 文字数はPCなら120字以内、スマホなら90字以内
  • タイトルとの重複は避ける
  • キーワードを入れる
  • 関連キーワードも追加

➀文字数はPCなら120字以内、スマホなら90字以内

「メタディスクリプション」は、画面に表示される文字数が決まっています。

その文字数よりも多い場合は、画面に表示されないので注意しましょう。

目安は以下の通りです!

パソコン表示:120字程度
スマホ表示:90字程度

文字数も意識しつつ「メタディスクリプション」を書きましょう。

➁タイトルとの重複は避ける

タイトルと同じ文章を「メタディスクリプション」に書き込むと、重複してしまい見栄えが悪くなります。

結果、クリック率も低下してしまう恐れがあるので、タイトルとの重複は避けるようにしましょう。

実際にGoogleからの評価も落ちる可能性があるので、注意が必要です。

➂キーワードを入れる

記事のタイトルに入らなかったキーワードを「メタディスクリプション」に書きましょう。

こうすることで、ユーザーが検索をした時に、検索結果に引っかかることがあります。

タイトルに『Google』と書いたら、メタディスクリプションには『グーグル』みたいに、表記を変えて書くのもおすすめです!

ただし、同じキーワードを3回以上書くと、Googleから低評価を受ける可能性があるので、気をつけましょう。

➃関連キーワードを入れる

本来のキーワードのほかに、関連したキーワードを書くことで、検索に引っかかる可能性があります。

「関連キーワード」で検索に引っかかれば、それだけ多くの人をブログに誘導できるので、関連キーワードも押さえておきましょう。

「関連キーワード」の調べ方は以下の記事で詳しく紹介しています!

関連記事
【初心者向け】アフィリエイトで稼ぐための3つのキーワードの種類と特徴【キーワード選定法あり】

メタディスクリプションの設定方法

主に「メタディスクリプション」は、以下の2つの方法で設定できます。

  1. All in One SEO
  2. 有料テーマ

➀All in One SEO

プラグインである『All in One SEO』を用いることで、「メタディスクリプション」を設定できます。

まずは「All in One SEO」をダウンロードして『有効化』します。

その後、記事の投稿画面の下を見ると、以下のような場所が表示されるので、確認してみてください。

「All in One SEO」を使ったメタディスクリプション設定

あとは、この部分に「メタディスクリプション」を書けばOKです。

➁有料テーマを使う

【特典付き】有料テーマならAFFINGER5(アフィンガー5)がおすすめ!【魅力を徹底解説】

最近の有料テーマは、最初から「メタディスクリプション」が設定できる場所があることが多いです。

例えば、当サイトで使用している「AFFINGER5」は、投稿画面の下に以下のような部分が表示されます。

「有料テーマ」を使ったメタディスクリプション設定

この部分にメタディスクリプションを書けばOKです。

有料テーマを使うとプラグインが必要なくなるので、サイトスピードが向上しますよ!

関連記事
【完全版】WordPress有料テーマまとめ&徹底比較

まとめ:メタディスクリプションを設定してクリック率を上げよう!

今回は、「メタディスクリプション」の書き方から設定方法について紹介しました。

一番大切なのは、メタディスクリプションの構成です。

読者の悩み・疑問・不安 記事の内容 記事への誘導

「メタディスクリプション」の構成に気を付けつつ、文字数キーワードにも注意して、記事のクリック率を上げていきましょう。

『クリック率』は、メタディスクリプションだけでなく、記事のタイトルによっても変化します

記事のクリック率が悪いと、Googleから低評価に繋がるので、タイトルのつけ方も大切です。

『クリック率が上がるタイトルのつけ方』は、以下の記事で紹介してるので、気になる人は参考にしてみてください。

関連記事
クリック率が劇的に上がるブログのタイトルのつけ方【SEO対策も】

-Blog, SEO