Blog SEO

ブログがGoogle検索上位に表示されない5つの理由【解決策あり】

2020年4月14日

・ブログを書いているのですが、なかなかGoogleの読まれなくて困っています。

・上位表示される方法を教えて欲しい!

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学生として学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

いくら記事を書いても『あれ?Google上位に載らない』なんてことありますよね。

もしかしたら、気づかないうちに間違った方法で記事を書いている可能性があります。

そこで今回は、検索上位されない原因とその解決策を具体的に紹介しています。

今回の内容

✔ 検索上位に表示されない原因5選
✔具体的な解決策とその方法

この記事を読めば、検索上位されない原因がわかるので、よりブログのアクセスを伸ばすことができるようになりますよ。

Googleに検索上位に表示されない原因

それでは早速みていきましょう。

結論、検索上位に表示されない原因は5つあります。

検索上位に表示されない原因

  1. ブログを始めて間もない
  2. サイトの平均滞在時間が短い
  3. サイトURLがhttpsになっていない
  4. リンク切れが多い
  5. ページ表示速度が遅い

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

検索上位に表示されない原因1:ブログを始めて間もない

1つ目は、ブログを始めて間もない、というのが原因です。

ブログを作ったばかりだと、サイトの「ドメインパワー」が弱かったり、記事数が少なかったりするので、検索上位に表示されにくくなります。

でもこのサイトは1ヶ月目でも表示されていますよね?

もちろん、ブログを始めたばかりでも、戦う場所をしっかりと選んで記事を書けば、上位に表示させることは可能です。

具体的には、『競合が弱いキーワード』で戦うことが大切になります。

競合チェックのやり方は、以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみて下さい。

関連記事
【SEO攻略】競合サイトを分析チェックできるGoogleChrome拡張機能5つをご紹介!

検索上位に表示されない原因2:サイトの平均滞在時間が短い

2つ目の原因は、サイトの平均滞在時間が短いということです。

サイトの平均滞在時間とは

『サイトの平均滞在時間』とは、ユーザーがあるページにいる時間の長さのことです

もっと簡単にいうと、サイトの平均滞在時間が長ければ、ユーザーがじっくり読んでいるということです。

この時間が長ければ長いほど、「記事の質が高い」とみなされ、検索上位に表示されやすくなります。

サイトの平均滞在時間は『Googleアナリティクス』で確認することができます!

サイトの平均滞在時間の確認は、ブログ検索順位を上げるGoogleアナリティクスの使い方・分析法の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

Googleアナリティクスを確認して、サイトの平均滞在時間が短い記事があれば、下のような方法で解決しましょう。

平均滞在時間を改善する方法

  1. タイトルと記事のギャップをなくす
  2. 画像やTwitterを挿入する
  3. 内部リンクを貼る
  4. 魅力的な導入文を作る
  5. 文字数を増やす
  6. 統一感のあるデザインにする
  7. 読み手の悩みに共感する

上のことを意識しながら記事を書くと、質の高い記事が書けるので、検索上位に食い込みやすくなります。

検索上位に表示されない原因3:サイトURLがhttpsになっていない

サイトURLを「http」から「https」に変えることを『SSL化』と言います。

SSL化をすることで、通信を暗号化し、サイトが傍受されても外部からは見えなくなります。

実際、Googleは2020年3月までにSSL化していないサイトは「低品質サイト」とみなす、と明言しています。

つまり、SSL化していないサイトは、これから検索上位に食い込めない可能性が出てくるというわけです。

SSL化の方法は、下の記事で具体的なやり方を説明しているので、参考にしてみてください。

関連記事
WordPressエックスサーバーのSSL化のやり方を画像付きでわかりやすく解説

5分くらいあれば完了しますよ!

検索上位に表示されない原因4:リンク切れが多い

サイト内の「リンク切れ」が多いと低品質なサイトとみなされて、検索上位に表示されにくくなります。

例えば、リンク先のサイトが閉鎖して、リンクをクリックしてもページが見つからない、みたいな感じです。

リンク切れかどうかは、自分でクリックして確認すればいいのですが、記事数が増えてくると1つひとつ確認するは大変ですよね。

そこで、おすすめなのが『Broken Link Checker』というプラグインです。

このプラグインは、サイト内すべてのリンクを常にチェックしているので、リンク切れがあるとすぐに通知してお知らせてくれます。

記事数が多くなると、1つひとつチェックするのは大変ですので、ぜひ入れておきましょう。

検索上位に表示されない原因5:サイト表示速度が遅い

サイトの表示速度が遅いと、低品質なサイトとして認識されてしまいます。

たとえ、検索上位に表示されたとしても、2秒以上画面が表示されなければ、ユーザーのほとんどが離脱してしまいます。

サイトが重い原因として、4つ考えられます。

  • プラグインが多い
  • 無料テーマを使っている
  • 画像が重い
  • CSSを追加で入れている

画像をそのままアップロードすると、画像が圧縮されずに表示されるのでサイトが重くなる原因になります。

実は、『 EWWW Image Optimizer 』というプラグインを入れておくと、アップロード時に自動的に画像を圧縮してくれますよ。

実際に僕も愛用しているプラグインです!

そして難しいことに、プラグインを入れすぎるのもよくありません。

プラグインをたくさん入れていくと、プラグイン自体が多くなり、サイトが重くなる原因になります。

WordPressにはテーマという「LINEの着せ替え」のようなものがありますが、有料テーマを使うことで、プラグインを使わなくて解決できるものもあります。

また、『有料テーマ』にはサイトを最適化してくれるプログラムが入っているので、検索上位も取りやすくなります。

このサイトでは、「アフィンガー5」という有料テーマを使っています。

他にもおすすめの有料テーマがたくさんあるので、いろいろ比較して自分のお気に入りのものを選んでみてください。

関連記事
【最新版】WordPressおすすめ有料テーマ7選を徹底比較

【当ブログでも使用】検索順位の変化が確認できる最強ツール

ここまで、検索上位表示する方法について詳しく紹介してきました。

実際に記事を修正したら、記事の検索順位の変化を確認することが大切です。

記事を修正して検索順位の変化を確認しないのは、問題集を解いて答え合わせをしないことと同じです。

記事の検索順位を確認するおすすめのツールは、Rank Trackerです。

例えば、ランクトラッカーを使うと、下のように「前日との順位変動」がすべて1つの画面で見ることができます!

Rank Tracker(ランクトラッカー)の価格や使い方、導入手順

赤矢印が「down」、緑矢印が「up」を表していて、数字は「掲載されている順位」です。

このツールは、世界的に有名な「Amazon」や「東芝」「ディズニー」のような大手企業も使っているSEOツールとなっています。

戦略的にSEO上位を狙いたい人は、Rank Trackerを入れてみてくださいね!

関連記事
【SEO最強ツール】Rank Trackerの価格・料金プランを徹底解説【導入手順あり】

・検索順位を知るツールは『Rank Tracker』がいいって聞いたけど、実際他と比べてどうなの?・使い方や設定方法とかも知りたいです! こんな悩みを解決します。 この記事を書いている人 この記事を書 ...

まとめ:自分に当てはまる部分を修正して検索順位を上げよう!

今回は、Googleの検索順位が上がらない原因とその対策について話してきました。

まとめると下のようになります。

検索上位に表示されない原因

  1. ブログを始めて間もない
  2. サイトの平均滞在時間が短い
  3. サイトURLがhttpsになっていない
  4. リンク切れが多い
  5. ページ表示速度が遅い

検索上位に表示されない場合は、上の5つを改善してみてください。

検索順位を上げて、より読まれるサイト運営をしていきましょう!

今回は以上です。

関連記事
【保存版】検索順位チェックツールRank Trackerの使い方【SEOを攻略するための分析法】

-Blog, SEO