SEO

【SEO最強ツール】Rank Trackerの価格・料金プランを徹底解説【導入手順あり】

2020年4月10日

・検索順位を知るツールは『Rank Tracker』がいいって聞いたけど、実際他と比べてどうなの?

・使い方や設定方法とかも知りたいです!

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は、副業ブログで収益6桁を稼ぐ大学生。
Twitter(@you_blog2912)を運営しています。

ブログ運営を効率よく行うには、自分が書いた記事の検索順位を把握することがとても大切です

記事の検索順位がわからければ、自分が書いた記事がよいのか悪いのかわかりません。

検索順位は実際に検索すれば確認できますが、記事数が増えてくると大変でそれだけで1日が終わってしまうので非効率的です。

そこで今回は、検索順位を自動的に記録・計測してくれる『Rank Tracker』について紹介します。

ランクトラッカーを導入することで、検索順位を1つ1つ確認する必要がなくなるので、より記事執筆に集中できるようになりますよ。

今回紹介する内容

【前半】
Rank Trackerの詳細情報

【後半】
Rank Trackerの導入方法・使い方

この記事を読めば、ランクトラッカーの詳細情報や導入方法がわかり、SEO分析をより戦略的にできるようになるので、ブログ収益アップにつなげることができます。

今すぐランクトラッカーの『ダウンロード方法を知りたい人』は、こちらをクリックすると、記事内のダウンロード説明箇所に移動できます。

Rank Tracker(ランクトラッカー)でできること

Rank Tracker 書いた記事すべての検索順位を毎日自動的に計測してくれるツールです。

意外と知らない人が多いのですが、この『Rank Tracker』はAmazonやディズニーなどの世界的に有名な会社でも使われています。

他にも、マナブさんやTsuzukiさん、NOJIさんなどの有名ブロガーも使用していますよ!

この 『Rank Tracker 』でできることは、主に3つあります。

Rank Trackerでできること

  1. 自分の記事順位がわかる
  2. キーワード検索ができる
  3. 競合のチェックができる

それでは一つずつ見ていきましょう。

Rank Trackerでできること➀自分の記事順位がわかる

Rank Tracker(ランクトラッカー)の価格や使い方、導入手順

Rank Trackerで自分の記事検索順位がわかる

Rank Trackerの管理画面は上のようになっていて、以下の項目がわかります。

  • 設定したキーワード
  • 順位
  • 記事URL
  • 順位変動
  • 更新
  • 競合性

他にも計測できる項目がたくさんあり、自分でカスタマイズすることが可能です。

これらの項目は、毎日自動的に更新してくれます!

前日との順位変動も見ることができるので、大幅に順位が下がったときは「あれ?なにかあった?」みたいにすぐ気づくこともできます。

このように、Rank Trackerを入れておくことで、自分のブログの健康状態を、毎日数字で確認できるのです。

Rank Trackerでできること➁キーワード検索ができる

Rank Trackerでは、検索順位だけでなくキーワード検索数や競合の強さを調べることもできます。

この作業って結構大変だったりするのですが、Rank Trackerを使えば一瞬です。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の価格や使い方、導入手順

キーワード検索ができる

実際に、上の写真では「ブログ 始め方」というキーワードで検索をした画面です。

「Googleキーワードプランナー」を使えば同じようなことができますが、課金しないとここまで具体的な数値は出ません。

Rank Trackerを入れていれば、キーワードプランナーに課金する必要はありませんし、ひとつのツールですべての作業が完結します。

最短ルートで収益化したければ、記事を書く前にキーワードの検索数と競合チェックをすることは必須です!

Rank Trackerでできること➂競合のチェックができる

Rank Trackerの具体的な使い方
キーワード選定・追加

Rank Trackerは複数サイト登録してトラッキングできるので、自分のサイトのほかに相手のサイトを登録することも可能です

相手のサイトを登録してSEOキーワードを設定しておけば、敵の検索順位の変化も簡単に丸裸にできます。

また、以下のように競合サイトでは書いているけど、自分のブログには書いていないキーワードも一発であぶりだすことも可能です。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の価格や使い方、導入手順

競合が書いているキーワードをあぶりだす

競合サイトのURLを入力すると、相手の記事の「検索順位」と「キーワード」を比較できます。

これをみて『競合がこのキーワードで記事を書いているから僕も書こう!』と書くべき記事を判断することも可能です。

このように自分の分析ができるのと同時に、相手の分析もできるので、効率的かつ戦略的に記事を書いて最短距離で収益化に結び付けることができるのです。

購入する前にもっとできることを詳しく知りたい!という人は、以下の記事を参考にしてみてください!

関連記事
【保存版】検索順位チェックツールRank Trackerの使い方【SEOを攻略するための分析法】

Rank Tracker の価格・おすすめ料金プラン

Rank Trackerには3つの料金プランがありますが、おすすめは「プロフェッショナル版」です。

ランクトラッカーのおすすめプラン

  • プロフェッショナル版:149ドル / 年 おすすめ
  • エンタープライズ版:349ドル / 年

2020年9月中旬、Rank Trackerの値段が上記のように少し値上げされました。

実際に、それぞれのプランでできることを見てみましょう。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の価格や使い方、導入手順

各プランでできること

一番右の「エンタープライズ版」は、主に企業や会社が使用するプランなので、個人で使用する範囲では必要ありません。

一方、プロフェッショナル版があれば、今回紹介したことはすべて行うことができますし、他の有名ブロガーさんもこのプランを使用しています。

実際に僕も「プロフェッショナル版」を使っていますが、不便と感じたことは1度もなく、快適に使用することができていますよ!

『無料版じゃダメなの?』と思う人もいるかと思いますが、キーワードの登録ができないので、確認のたびに登録するのが大変です。

ちなみに、僕はブログ開設とともにRank Trackerを導入しましたが、2ヶ月目で年会費149ドルを回収しました。

収益化してから導入しようと考える人も多いのですが、 Rank Trackerは収益化のためのツールなので、ガッツリ稼ぎたい人は早めに投資するのがおすすめです。

Rank TrackerとGRCなどの他のツールと比較

実際、世の中には他にも、有名な検索順位チェックツールがあります。

  • ahrefs:179ドル / 月(月で約17,900円)
  • GRC:9,000円 / 年(月750円)
  • Rank Tracker149ドル / 年(月で約1,300円)

かなり優秀なツールahrefs(エイチレフス)は、月に2万円ほどかかるので、主に稼いでいる人や企業の人が使用しています。

結論、GRCかRank Trackerの2つのいずれかを選べばOK!

それでは、参考までにGRCの価格を見てみましょう。

プラン名価格(年間)URL数登録可能キーワード数
ベーシック4,500円5500
スタンダード9,000円505,000
エキスパート13,500円50050,000
プロ18,000円5,000500,000
アルティメット22,500円無制限無制限

表は横にスクロールできます

検索順位チェックツールGRCの管理画面

GRC管理画面

多くの人が利用しているのは、年間9,000円(月750円)のスタンダードプランで、Rank Trackerのプロフェッショナル版と一番似ています。

Rank Tracker は月約1,300円なので、値段はGRCの方がお得です。

ただし、GRCはMacでは使用できないので注意が必要。

正確には使用できるのですが、仮想化ソフトを使用するので、PCが重くなる原因にもなります。

ずっとWindowsを使用する予定の人はGRCでもいいかもですが、将来的にMacを使用する予定のある人は、Rank Trackerにしておくの方が乗り換えが簡単です。

しかも、Rank Trackerでは競合サイトからキーワードを抜き出すこともできるので、機能面ではGRCよりもスペックが高くなっています。

実際、僕はWindowsユーザーですが、Rank Trackerを使用していますし、なによりRank Trackerの方が画面がカッコいい(笑)

正直、値段は1日18円ほどしか差がないので、特別こだわりがなければ、本格的な分析ができるRank Trackerにしておくのが無難です。

GRCとRank Trackerどっちがいいか迷ったら、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
【徹底比較】GRCよりRank Trackerの方がおすすめ【WindowsとMacで使用可能】

『Rank Tracker』 の導入方法

それでは、実際に購入される人向けに、導入手順と使い方について紹介していきます。

サイトにアクセスすると、英語の画面が表示されることがありますが、画像付きでわかりやすく解説していくので、安心してください。

『Rank Tracker』 の導入は5ステップで、約10分くらいで終わります。

Rank Tracker導入手順

  1. 無料版「Rank Tracker」をダウンロード
  2. ソフトを開いて初期設定
  3. 有料版を購入
  4. メールで「登録キー」を受け取る
  5. 「登録キー」を入力して完了

それでは一つずつやっていきましょう。

step
1
無料版「Rank Tracker」をダウンロード

まずは、無料版の 『Rank Tracker』 をダウンロードします。

>>『Rank Tracker』公式サイトにアクセス

Rank Tracker(ランクトラッカー)の導入手順

上のリンクから公式ホームページにアクセスして、「名前(ローマ字)」と「メールアドレス」を入力して、『ダウンロードする』をクリックしましょう。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の導入手順

すると、上のような画面になり、「ダウンロード」が始まります。

step
2
ソフトを開いて初期設定

ファイルのダウンロードが終了したら、デスクトップにある『ファイル』をクリックしましょう。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の導入手順

すると、上のようなものがでてくるので、『ダブルクリック』して開きます。

このとき、「本当に開いてもいいですか?」と確認されますが、『開く』をクリックしてOKです。

すると、下の画面のように「言語設定」の画面になりますので、『日本語』を選択します。

ランクトラッカーの導入方法

次に、『利用規約』が出てくるので、利用規約を読んだら『承諾する』をクリックしましょう。

ランクトラッカーの導入方法

次に、「インストールツールの選択」という画面が出てきますが、4つのうち『下から3つの✔は外してOK』です。(「Rank Tracker」のみに✔が入っていればOK!)

ランクトラッカーの導入方法

『次へ』を押すと、「インストールが完了」しますので、『完了』をクリックして 『Rank Tracker』 を起動させましょう。

オレンジ色の『Rank Tracker』 をダブルクリックし、「ファイルがダウンロード」されるのを待って『OK』をクリックします。

ランクトラッカーの導入方法

ここで導入手順は半分ですので、次は有料版を購入していきます。

step
3
有料版を購入

まずは下の 『Rank Tracker公式サイト』にアクセスしましょう

>>Rank Tracker公式サイトにアクセス

公式サイトにアクセスしたら、画面左下の『注文』をクリックします。

上画面のようになったら、お好みのプランを選んで『今すぐアップデート』をクリックしてください。

本記事では『プロフェッショナル版』を推奨しております。

次に、「お支払方法」を選択して支払いを完了させましょう。

お申し込み方法

  1. クレジットカード(おすすめ!)
  2. PayPal
  3. その他のお支払い方

支払いが完了すると、「ライセンスキー」がメールで届きます。(30分~数時間かかる場合があります。)

step
4
メールで「登録キー」を受け取る

メールに「ライセンスキー」が届いたら、メールを開いてみましょう。

Registered by:○○
Registration key:△△

の『〇の部分』と『△の部分』は次の手順で使いますので、コピーの準備をしておきましょう。

step
5
「登録キー」をRank Trackerに入力

さて、最後の作業です。

再び、Rank Trackerに戻って、画面上の『ヘルプ』➔『情報を登録』をクリックします。

次に、先ほどのメールの中にあった部分をコピーして貼り付けます。

貼り付けて、ライセンスの紐づけが完了すれば、インストールは終了です!

おつかれさまでした!

※登録キーが認識されない場合には、「直接」打ち込むのではなく、「コピペ」してみましょう。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の初期設定

最後に、基本的な初期設定と使い方について紹介していきます。

初期設定が完了すれば、実際にサイト管理ができる状態になりますので、さっそく作業していきましょう。

これからやっていく作業は5つです。

Rank Trackerの初期設定

  1. 表示項目の設定
  2. 検索順位取得件数の変更
  3. キーワード追加
  4. スケジュール設定
  5. サーチコンソールとアナリティクス同期

5分~10分ほどで完了しますよ!

その前に、まずは自分のサイトを登録してきましょう。

『Rank Tracker』のアイコンをダブルクリックすると、「サイト選択」がでてきますので、ご自身のサイトURLを『入力』します。

次に、「Googleアナリティクス」と「サーチコンソール」設定画面になりますが、この設定は後で行うので『次へ』を押して大丈夫です。

最初に、いくつかの「キーワード」が設定できますが、後から登録するので適当に入力して『次へ』を選択してOKです。

続いて、「検索エンジン」の選択をします。

最初の段階ではUSAになっているので、『さらに検索エンジンを追加する』をクリックしてください。

すると、上の写真のように、「japan」と入力して、以下の3つのプラスマーク(̟̟)をクリックしてください。

・Google.co.jp
・Google.co.jp(mobile)
・Yahoo.co.jp

3つを選択できたら、USAを削除しましょう。

上のようになったことを確認してから『完了』をクリックすれば、『Rank Tracker』のトップページに入ることができます。

次は、実際に使えるようにするための、初期設定と使い方について紹介します。

➀表示項目の設定

表示項目とは、『記事の順位』『前日との順位の差異』などがわかる項目のことです。

これらの項目は、初めから設定されているわけではないので、この設定で追加していきます。

まずは、画面右上にある『四角いボタン』をクリックします。

すると、『新しいワークスペース』という画面になります。この画面では「表示する項目」を選択して追加できます。

チェックをつけておく項目は以下の9つです。

チェックすべき項目

  • キーワード
  • 注意
  • 開始日
  • Google co. jp Rank
  • Google co. jp URLが見つかりました
  • Google co. jp 差異
  • Google co. jp (mobile)Rank
  • Google co. jp (mobile)差異
  • 検索数

 

上の設定に✔を入れておくことで、『Google検索エンジン(mobile上も)内の情報が可視化できるようになります。

最後は、画面右下の『OK』を押せば完了です。

➁検索順位取得件数の変更

初期設定では「上位50位」までしか表示できなくなっているので、「上位100位」に変更しましょう。

まずは、トップページ画面左上にある『環境設定』➔『ランク確認モード』をクリックします。

すると、下の画面に切り替わるので、「確認する結果の最大数」を『50➔100』に変更して画面下にある『OK』をクリックすれば完了です。

➂キーワード設定する

「キーワード」は各記事を書くときに決めるキーワードのことです。

もっと言えば、『この検索ワードで検索されたときに、自分が書いた記事が何番目に表示されるか知りたい!』という言葉を登録しましょう。

登録の仕方は簡単で、画面左にある『緑色のプラス』を押してキーワードを打ち込んでいきます。

このキーワードは、上の写真のようにスペースを空ければ、複数のキーワードで登録できます。

「キーワード」を打ち込む作業は、記事を書き終わる毎に登録していくと効率的ですよ。

キーワードは後からでも追加できるので、ここで無理してたくさん打ち込む必要はありません。

入力が終わったら、『次へ』➔『完了』を押せばOKです。

ここで一度画面右上にある『保存』をクリックしておきましょう。

➃スケジュール設定

『スケジュール設定』とは、検索順位の変動を自動的に計測してくれるようにする設定のことです。

この設定をしないと、毎日自分で計測ボタンを押さなくてはいけなくなります。

スケジュール設定をしておくことで、毎日自動的に計測をしてくれるので作業が楽になりますよ。

設定自体はとても簡単で、まずは画面上部にある『環境設定』➔『スケジューラー』をクリックしてください。

次に『追加する』をクリックし、『検索エンジンのランキングを確認』に✔を入れ『次へ』をクリックします。

もし、ここでエラーが発生するようであれば、一度トップページに戻って、画面右上の『保存』をクリックしてから再度やってみましょう。

そして、上の写真『赤枠部にチェック』をいれ、『次へ』を押しましょう。

開始時間のところに、『自動更新したい時間を入力』『次へ』をクリックします。

僕は10:00時にしています!

そして、設定する『タスク名を入力(毎日更新とかでOK!)』し、『完了』➔『OK』を押せば完了です。

⑤アナリティクスとサーチコンソール同期

さて、最後は「Googleアナリティクス」と「サーチコンソール」を連携していきます。

まだ2つの設定をしていない人は、下の記事から設定しておきましょう。

関連記事
Googleアナリティクス設定の方法
関連記事
Googleサーチコンソールの設定方法

まずは、『Rank Tracker』の「トップページ」から『環境設定』➔『Google Analytics』をクリックします。

すると、上の写真のようになるので、『クリックしてアカウント設定の入力を行います』をクリックしましょう。

クリックするとログイン画面が出てくるので、空欄に『メールアドレスor電話番号』➔『次へ』➔『パスワード』の順番で進めます。

自分のアカウントがでてきたら、『許可』をクリックします。このあと、「アカウント名」や「プロパティ」が表示されますが、そのままOKをクリックしてしまって大丈夫です。

最後に、画面右下の『OK』をクリックして「アナリティクス連携」が完了です。

同様の手順で、「サーチコンソールの連携」もしていきましょう。

まずは『環境設定』➔『Google検索コンソール』をクリックし、『アカウントに接続』を押します。

すると、先ほどと同じように、『メールアドレスor電話番号』を打ち込んで、アカウント認証を済ませます。

最後に、『OK』のボタンをクリックすれば、『サーチコンソールの連携』も完了です。

これで、『Rank Tracker』を使うための初期設定まで終わったので、自分の記事の検索順位のチェックや競合調査をしていきましょう。

検索順位を自動で計測 /

Rank Tracker公式サイトはこちら

有名ブロガーも使ってるコスパ最強ツ―ル

まとめ:Rank Trackerを使って効率的にブログ運営をしよう!

今回は、多くのアフィリエイターが使用している『Rank Tracker』について話しました。

この『Rank Tracker』は個人のみならず、ディズニーやAmazon、東芝などの世界的な大手企業も使っているSEO分析ツールです。

今回紹介した「ランクトラッカー導入手順」と「初期設定の通り」に進めれば、より戦略的にブログの収益化をアップさせることが出来ます。

より詳細な分析をしたい人や、収益化の効率を上げたい人は、今回紹介したRank Trackerを使ってみてくださいね。

最後に、今回紹介した内容をもう一度まとめておきます。

Rank Tracker導入手順

  1. 無料版「Rank Tracker」をダウンロード
  2. ソフトを開いて初期設定
  3. 有料版を購入
  4. メールで「登録キー」を受け取る
  5. 「登録キー」を入力して完了

Rank Trackerの初期設定

  1. 表示項目の設定
  2. 検索順位取得件数の変更
  3. キーワード追加
  4. スケジュール設定
  5. サーチコンソールとアナリティクス同期

今日からランクトラッカーを導入して、戦略的に収益化を図りましょう!

当ブログの説明がわかりやすいと思った人は、時間があればTwitterで記事を紹介していただけると嬉しいです。

「記事のリンク」と「メンションTwitter(@you_blog2912)」を載せて頂ければ、僕が全力でリツイートしに行きます!

フォロワーさんが3,000人以上いるので、ぜひフォロワーさんを増やす踏み台に使ってくださいね!

検索順位を自動で計測 /

Rank Tracker公式サイトはこちら

有名ブロガーも使ってるコスパ最強ツ―ル

実際に導入したら、以下の記事を参考に使い方をマスターしましょう!

関連記事
【保存版】検索順位チェックツールRank Trackerの使い方【SEOを攻略するための分析法】

-SEO