【無料版】Rank Trackerでできること5選【あの機能が無料で使えます】

RankTracker

【無料版】Rank Trackerでできること5選【あの機能が無料で使えます】

・Rank Trackerって無料で使えるの?

・無料版でできる機能を教えてください!

悩んでいる人

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

Twitter(@you_blog2912)を運営中

ランクトラッカーを導入しようか迷っているけれど、有料だし少し高いから購入を躊躇している。

こう言う人ってかなり多いんですよね。

結論から言うと、無料版のランクトラッカーでも、以下の機能が使えます。

無料版Rank Trackerでできること5選

  1. ランキングキーワード
  2. キーワードギャップ
  3. Top Pages
  4. ドメインの競合他社(一部制限)
  5. トピックの競合他社(一部制限)

しかも、上の3つは回数制限関係なく使える超優秀機能なので、導入しておくのがおすすめです。

そこで今回は、Rank Tracker無料版で使える機能とできないことについて紹介します。

この記事の内容

Rank Trackerは無料版で使えるの?
無料版でできる便利機能5選
無料版で使えない機能
【結論】検索順位を測定するなら課金すべき

有料版Rank Trackerの導入を考えている人は【SEO最強ツール】Rank Trackerの価格・料金プランを徹底解説で詳しい手順を解説しています。

それでは、さっそく無料版でできることを確認していきましょう。

\ 当サイトで使用中WordPressテーマ /
yusakublog限定特典付きアフィンガー5(AFFINGER5)5,000円相当プラグイン&当サイト限定特典付き

関連記事【限定特典5つ】AFFINGER5の評判を徹底解説【押さえておくポイント3つ】

【無料版】Rank Trackerでできること5選

『無料版Rank Tracker』ででできることは、以下の5つです。

無料版Rank Trackerでできること5選

  1. ランキングキーワード
  2. キーワードギャップ
  3. Top Pages
  4. ドメインの競合他社(一部制限)
  5. トピックの競合他社(一部制限)

一つずつみていきましょう。

無料版 Rank Trackerでできること①ランキングキーワード

無料版 Rank Trackerでできること①
ランキングキーワード

競合のキーワードとその順位がわかる

『ランキングキーワード』では、競合サイトの狙っているキーワードとその順位を確認できます。

簡単にいうと、他人のサイトを丸裸にできちゃう機能です。

こんなことが無料版でできていいのか...

ゆーさく

やり方は簡単で、競合のURLをランキングキーワードの検索窓に入れるだけ。

この機能を使うことで、競合サイトがどのキーワードで検索流入しているか確認できます。

無料版 Rank Trackerでできること②キーワードギャップ

無料版 Rank Trackerでできること②
キーワードギャップ

自分と競合サイトの順位の差が丸見え

『キーワードギャップ』では、自分と競合サイトのキーワードの順位差を確認できます。

「競合は○位だけど、自分は○位」のように、一覧で確認可能!

ゆーさく

また、競合と比較して、自分のブログにない記事がわかるので、競合との差を把握するのに役立ちます。

無料版 Rank Trackerでできること③Top Pages

無料版 Rank Trackerでできること③
Top Pages

競合の検索上位記事のみ一覧で表示

『Top Pages』では、競合の検索上位記事のみを抽出することができます。

さらに、画像のように「ページリンク」と「キーワード」も表示されるので、実際に検索した時にどの記事が表示されるのかもわかります。

本当に無料でできちゃっていいのですかね笑

ゆーさく

この機能を使うことで、競合サイトの上位記事と検索キーワードを丸裸にできます。

無料版 Rank Trackerでできること④⑤ドメイン・トピックの競合他社(一部制限あり)

無料版 Rank Trackerでできること④⑤
ドメイン・トピックの競合他社(一部制限あり)

競合サイトやページを自動で抽出

『ドメイン・トピックの競合他社』では、自分がまだ知らない競合を自動であぶり出すことができます。

ただし、無料版では一部の競合しか表示されないので、注意が必要です。

競合がわからない場合、この機能は便利ですが、すでに競合を自分で把握している場合は特に必要ありません。

無料版では使えない機能ですが、ぶっちゃけなくても困りません!

ゆーさく

【無料版】Rank Trackerでは使えない機能

ここまで、無料版Rank Trackerでできる機能5つを紹介しました。

一方、以下の機能は、無料版のランクトラッカーでは使用することができません。

  1. キーワードプランナー:Googleキーワードプランナーと同じ
  2. オートコンプリートツール:サジェストキーワードを取得
  3. 関連する検索:指定キーワードに関連するキーワードを表示

結論から言うと、上の機能は無料の「キーワードプランナー」と「ラッコキーワード」を使えば補うことができます。

なので、わざわざRank Trackerを使う必要はありません。

ゆーさく

ただ、有料版だと一つのツールですべて完結できるので、作業効率はグッと上がります。

【疑問】有料版にする必要性はあるのか

結論から言うと、競合分析をしたいなら無料版でも十分です。

しかし、Rank Trackerはあくまで検索順位チェックツールなので、検索順位の変動を確認・記録が目的なら有料版にしましょう。

有料版でないと、キーワードの保存ができません。

ゆーさく
Rank Trackerで記事の検索順位を管理

毎日自動ですべての記事順位をチェック・管理

Rank Trackerでは、上のような管理画面で毎日自動で検索順位をチェックしてくれます。

しかも、上で紹介した競合チェック機能と連携して、「ワンクリックでキーワードを追加」することができるのが魅力です。

単に、検索順位を確認するだけなら、コスパが高いGRCでもいいですが、連携や競合分析を意識するのであればRank Trackerがおすすめですね。

【5分で完了】無料版Rank Trackerの導入方法

ランクトラッカーの購入を迷っている人は、一度無料版をいれてみるのがおすすめです。

僕のフォロワーさんでも、実際にお試し版を利用している人がいました。

ゆーさく

無料版では、上で紹介した『競合分析機能』を実際に使うことができます。

導入自体は5分で完了するので、【SEO最強ツール】Rank Trackerの価格・料金プランを徹底解説【導入手順あり】からダウンロードしてみてください。

まとめ:無料版Rank Trackerを導入して競合分析をやってみよう!

今回は、無料版ランクトラッカーでできること5つを解説しました。

無料版Rank Trackerでできること5選

  1. ランキングキーワード
  2. キーワードギャップ
  3. Top Pages
  4. ドメインの競合他社(一部制限)
  5. トピックの競合他社(一部制限)

また、検索順位を自動で記録チェックしてもらうには、「有料版」を入れなくてはいけないのでしたね。

GRCを使っている人でも、Rank Trackerをダウンロードしておくことで、競合分析の手間がかなり減ります。

まだ使ったことない人は、この機会に無料版ランクトラッカーを使ってみてくださいね。

関連記事【SEO最強ツール】Rank Trackerの価格・料金プランを徹底解説【導入手順あり】

関連記事
【保存版】検索順位チェックツールRank Trackerの使い方【SEOを攻略するための分析法】

-RankTracker