【初心者必見!】クリック率が上がるブログタイトルの付け方7つ【具体例あり】

Blog

【初心者必見!】クリック率が上がるブログタイトルの付け方7つ【具体例あり】

・ブログのタイトルってどうやって決めればいいのかな?

・クリックされるタイトルの付け方を教えてほしいです

悩んでいる人

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

Twitter(@you_blog2912)を運営中

この記事の内容

タイトルの付け方5ステップ
クリックされるタイトルにする7つの技
タイトルを考えるときに気をつける3つの注意点

今回はクリック率が上がるタイトルの決め方というテーマでお話しします。

「なんか毎回いい感じのタイトルがつけられなくて困ってる」という人も多いのではないでしょうか。

ブログタイトルは記事のクリック率に一番影響するので、クリックされるタイトルをつけることが重要です。

そこで本記事はタイトルの付け方を5ステップを具体例を踏まえて詳しく解説します。

記事の後半では、タイトルで使えるテクニック7つなども紹介しているので、ぜひブックマークして記事を書くときに参考にしてみてください!

ゆーさく

それではさっそくみていきましょう。

ブログタイトルがSEOで大切な理由とは?

タイトルは記事の内容と同じくらい重要です。

なぜなら読者は、タイトルを見てあなたの記事をクリックするからですね。

タイトルが良くないと、記事の中身が良くても読まれることはありません。

読まれない記事は「検索上位に表示しても意味がない」とGoogleは判断し、検索順位が下がるので注意しましょう!

ゆーさく

読者はタイトルで悩みが解決できそうか見てる

読者がGoogleで検索するのは、何か悩みがあるときです。

クリックされるタイトルには、読者の悩みが解決できることが明確に書いてあります。

たとえば[ダイエット やり方 簡単]で検索してみましょう。

[ダイエット やり方 簡単]で検索

検索上位の記事をみてみると『ダイエットのやり方が具体的にわかりそう』なタイトルがずらりと並んでいます。

以上のように、タイトルを付けるときは読者に自分の悩みが解決できそう!と思わせることが大切です。

ブログタイトルの付け方5ステップ

それではタイトルの付け方を解説していきます。

タイトルを決める手順は以下の5ステップです。

タイトルの決め方5ステップ

  1. キーワードを決める
  2. 記事の内容をひとことで書く
  3. キーワードを左詰めにする
  4. 数字が入るか確認する
  5. 28〜32字以内に収める

順番に解説していきますね。

手順①:検索キーワードを決める

まずは検索で狙うキーワードを決めます。

たとえば[ブログ 始め方]のような感じですね。

これは、記事を書く前に検索で狙うと決めたキーワードと同じなので改めて考える必要はありません。

キーワードって何?という人は【基本】キーワード選定のやり方3ステップ【ラッコキーワードの使い方あり】を参考にしてみてください。

手順②:記事内容をひとことで書く

次に記事内容を一言で書きます。

たとえば[ブログ 始め方]であれば「ブログの始め方を解説しています」のような感じですね。

記事の内容をすべて入れたい気持ちはわかりますが、核となる部分のみを一文で書くのがコツです。

ゆーさく

手順③:キーワードを左詰めにする

タイトルの中にあるキーワードは左詰めにしましょう。

左詰めにする理由はキーワードが読者の目に止まりやすくするためです。

人の目の動きは「Z」や「F」のように左から右に移動することが知られています。

キーワードを左詰めにすることで読者の目線に止まりやすくなるので、記事のクリック率が上がりやすくなります。

必ず左に寄せなくてはいけない!というルールはないので、できるだけ左に寄せることを意識してみましょう!

ゆーさく

手順④:タイトルに数字が入らないか確認する

タイトルに数字を入れることでクリック率が上がります。

というのも、数字が入っている方が具体性が増すからですね。

たとえば以下のように比較してみるとわかりやすいかと思います。

  • ブログを始める方法を解説
  • ブログを始める方法5ステップで解説

数字ありの方が、見た目もきれいで読者がクリックしたくなるタイトルが作れます。

実際に僕も「数字」を入れることにはかなりこだわっていて、タイトルの中にはできるだけ数字を入れるようにしています!

ゆーさく

手順⑤:重要な部分は前半28〜32字以内に収める

タイトルは書いた文章がすべて表示されるわけではありません。

たとえばスマホで[ブログ 始め方]と検索してみましょう。

ブログタイトルに表示される文字数:Yahoo

スマホ(yahoo)で検索したとき

上はYahooで検索したときのタイトルですが、前半28文字までしか表示されていないことがわかります。

28文字以上の文字は「...」と省略されてしまうので、重要なことは前半に書くことを意識しましょう。

ちなみに、ほかの検索エンジンで確認すると表示される文字に変化がありました!

ゆーさく
GoogleChromeで検索
ブログタイトルに表示される文字数:Google

GoogleChromeで検索

Safariで検索
ブログタイトルに表示される文字数:Safari

Safariで検索

 1つ目の記事2つ目の記事
Yahoo28文字28文字
Google Chrome31文字32文字
Safari35文字38文字

上のとおりでして、28文字以下であればどの検索エンジンでもスマホでみたときに表示されることがわかります。

Googleを基準にするのであれば、32文字以内に収めればOKです。

いずれにしても、28〜32文字以内に記事の核となる部分を書くことが大切です。

【クリック率UP】魅力的なブログタイトルにする裏ワザ7つ

それでは、クリック率が上がるタイトルのつけ方を紹介します。

今回紹介するのは以下の7つです。

クリック率を上げる法則

  1. 数字を取り入れる
  2. 損失やデメリットを提示する
  3. 容易性や即効性を提示する
  4. 希少性を取り入れる
  5. 安さを紹介する
  6. 信頼性や権威性を取り入れる
  7. ペルソナを書く

順番に解説していきます。

コツ➀:数字を取り入れる

まず一つ目は、タイトルに数字を入れるというものです。

数字を入れるだけで、人の目にも止まりやすくなりますし、この記事で後から説明する『権威性』も付加することができます。

ちなみに入れる数字は、偶数より奇数の方がクリック率が高くなります!

ゆーさく
  • ブログ歴5年の僕が使っているおすすめツール5選

  • 10個以上の動画配信サービスを使ってきたおすすめトップ3

  • 初心者でも簡単にできるブログを継続する3つのコツ

数字を3つ以上入れると効果が薄くなるので、入れすぎには気をつけましょう。

コツ➁:損失やデメリットを提示する

2つ目は、損失やデメリットを提示するというものです。

人は、利益よりも「損失」のようなマイナスのものに敏感になるという傾向にあります。

この心理をうまく利用して、相手にクリックさせることを促しましょう!

ゆーさく
  • デートで失敗する男子が意識せずやっている行動とは?

  • 知らないと年間10万円以上損するお金の話

  • 初心者ブロガーがやりがちな失敗例とは

このように、相手に損失やデメリットを提示することで、クリックされやすくなります。

コツ➂:容易性や即効性を提示する

ブログのタイトルの中に『容易性』や『即効性』を取り入れることで、クリック率が上がります。

人間は、できることなら『早く結果や成果を出したい』と思う生き物です。

この心理を逆手にとってクリック率を上げてみましょう。

  • 初心者ブロガーでも簡単に稼げるセルフバックのやり方とは?

  • 毎日たった3分で英語が話せるようになる効果的な勉強法とは

  • 誰でも意識するだけで簡単に会話が上手くなるコツ

「容易性」や「即効性」を出す言葉を下にまとめておくので参考にしてみて下さい。

容易性や即効性を出す言葉
  • たった○○
  • 簡単に
  • 驚くほど○○
  • 誰でも
  • あっという間に
  • 初心者でも

上の言葉を複数重ねると、より効果的になりますよ!

ゆーさく

コツ➃:希少性を取り入れる

ブログタイトルに『希少性』を取り入れると、クリック率が上がります。

具体的には、「限定」や「キャンペーン」「セール中」「期間限定」などの言葉を加えればOKです!

  • 期間限定!4月30日までドメイン代が無料!

  • 限定20部!アフィリエイトで稼ぐ有益情報

  • フォロワー限定キャンペーンをご紹介!

コツ⑤:安さを請求する

人は、安いものに興味を持つので、安さやお得さを請求するとクリック率が上がります。

  • 【最安値】Amazonの商品を50%OFFで変える方法をご紹介

  • 初回80%OFFのおすすめ美容室をご紹介

  • 無料体験できる動画配信サービス5選!

安さの請求は、セールスライティングにも応用できます。

実際に、応用してみると、下のようなボタンが出来上がります。

\ 6万本以上の動画が見放題 /

Huluを無料体験

31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

「公式サイトはこちら」や「Huluの詳細はこちら」と書くよりも、『無料体験』と書くことで、容易性を出すことができます。

実際に僕も使っているテクニックで、覚えておくと成約率がグッと上がりますよ!

ゆーさく

コツ➅:信頼性や権威性を取り入れる

『信頼性』や『権威性』とは、自分の実績やアピールポイントのことです。

自分に実績がなければ、「論文の引用」「他の人の権威性」などを利用しても同じ効果を得ることができます。

  • 月40万稼ぐ僕が使ってるASP10選!

  • フォロワー1万人の僕が実践したTwitter運用法

  • あの有名アイドルが使っているおすすめの化粧水とは?

この「権威性」は、ブログのタイトルだけではなく、Twitterのプロフィールやツイートに使うと効果的です。

  • 1ヶ月目で収益5桁を達成
  • Googleアドセンスに合格
  • ○○PV達成

小さな実績でもいいので、細かく発信するのがTwitterを伸ばすコツです!

ゆーさく

コツ⑦:社会的証明を記載する

最後は『ペルソナ』を記載するという方法です。

ペルソナとは想定読者のことでして、あらかじめ記事を読むであろう読者をタイトルに入れます。

  • 頭のいい人サラリーマンがやっている5つの習慣

  • 【初心者必見!】ブロガーが登録しているASP10選

  • 大学生がやっている楽にお金を稼ぐ方法3つ

タイトルに想定読者が書かれていれば、読者は自分のために書かれていると思うのでクリック率がグッと上がります!

ゆーさく

ブログタイトルを決めるときの注意点

ブログタイトルを決めるときは以下の3つに気をつけましょう。

タイトルを決めるときに注意すること3つ

  1. キーワードを入れすぎない
  2. 状況説明にならないようにする
  3. ほかの人と同じタイトルをつけない

注意点①:タイトルに入れるキーワードは2つか3つまで

タイトルに入れるキーワードは2つか3つにしましょう。

というのもキーワードを入れすぎるとGoogleが記事内容を判断できなくなるからですね。

キーワードを入れすぎると、以下のように記事内容が不鮮明になります。

  • ×:WordPress無料趣味ブログの始め方
  • ○:【WordPress】ブログの始め方を解説

実際にGoogleにもキーワードの詰め込みはNGとの記載があります。

キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。タイトルに具体的なキーワードをいくつか含めると効果的な場合もありますが、同じ語句を何度も繰り返しても無意味なだけです。"Foobar, foo bar, foobars, foo bars" のようなタイトルはユーザーの利便性を下げるものであり、このようなキーワードの乱用は Google やユーザーから不正行為と見なされる可能性があります。

出典:Google検索セントラル

キーワードは2つか3つに絞って、記事内容が伝わりやすいタイトルを目指しましょう。

タイトルに入らなかったキーワードは、h2見出しに入れておけばOKです!

ゆーさく

注意点②:状況説明のようなタイトルにしない

状況説明のようなタイトルはクリックされないので注意しましょう。

たとえば「3か月ダイエットしたら痩せました」のようなタイトルですね。

上のようなタイトルだと、読者がメリットを感じにくいのでなかなかクリックされません。

「3か月で10kg痩せた驚きの方法」のように「方法」「原因」「理由」といった言葉を一緒に使うのがコツです。

注意点③:ほかの人と同じタイトルにならないようにする

タイトルを考えるときは、競合と同じタイトルにならないようにしましょう。

また、自分のほかの記事タイトルと同じにするのもNGです。

これは、読者が違う記事であると明確に区別できるようにするためですね。

実際にGoogleにも、同じタイトルは避けるべきという記述があります。

同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。サイトのそれぞれのページに異なる具体的なタイトルを付けることが重要です。たとえば、サイトのすべてのページに「激安セール実施中」というタイトルを付けた場合、ユーザーはページを区別できなくなります。また、一部の情報のみを変えた長いタイトル(定型文を使用したタイトル)も適切ではありません。

出典:Google検索セントラル

タイトルを考える前に、狙うキーワードで必ず検索して競合とタイトルが重複しないか確認しましょう!

ゆーさく

タイトルの付け方に関するよくある質問

最後にタイトルに関する質問に回答していきます。

回答するのは以下の3つです。

タイトルに関するよくある質問

  1. タイトルはいつ考えるの?
  2. タイトルの勉強ってどうすれば
  3. リライトはいつすればいいですか?

質問①:タイトルはいつ考えればいいですか?

正直いうと、記事を書く前でも後でもどっちでも大丈夫です。

というのもプロの人でも意見が分かれるからです。

先にタイトルを考えておいて公開前にもう一度見返す人もいれば、記事の内容に合わせてタイトルを考える人もいます。

まずは実際に色々な方法を試してみて、自分にあったスタイルを模索してみてください。

ちなみに僕は最近だと先にタイトルを考えて、公開前にもう一度タイトルを推敲しています!

ゆーさく

質問②:タイトルの勉強ってどうすればいいですか?

一番おすすめの方法はキャッチコピーの本を読んで勉強することです。

僕が読んだ本の中だと以下の本がおすすめです。

パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術

パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術

詳細はお見せできないのですが、タイトルに使えるキャッチコピーが369個リストアップされています。

ほかにも、読まれる文章のエッセンスがぎゅっと詰まっているので、ブログで稼ぎたい初心者はぜひ読んでみてください。

ちなみに、アマゾンのKindle unlimitedに登録している人は無料で読めます!

ゆーさく

質問③;タイトルのリライトはいつすればいいの?

タイトルのリライトは3か月後にすればOKです。

というのも、検索順位に表示されるのがだいたい3か月後だからですね。

タイトルのリライトはサーチコンソールを使ってクリック率を確認します。

グーグルサーチコンソールの使い方

検索パフォーマンス→ページ

『表示回数』をクリックして表示回数が多い順番に並び替えると、表示回数が多いのにCTR(クリック率)が低い記事がわかります。

グーグルサーチコンソールの使い方

『表示回数』をクリックして表示回数が多い順番に並び替え

クリック率は、以下のように記事の順位によって変化します。

検索順位とクリック率の関係
Googleのクリック率2020年の平均

出典:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid – SISTRIX

すべての記事順位を手動で把握するのは無理ゲーなので、RankTrackerGRCを使って毎日記録しましょう!

ちなみに僕はRankTrackerを使って、毎日自動ですべての記事を確認しています!

ゆーさく

ランクトラッカーは【SEO最強ツール】RankTrackerの使い方・料金プランを徹底解説で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

まとめ:魅力的なタイトルをつけて記事のクリック率を上げよう!

今回は、SEOを意識したタイトルの書き方と、クリックされやすいタイトルの書き方を紹介してきました。

SEOを意識したタイトル

  1. キーワードを決める
  2. 記事の内容をひとことで書く
  3. キーワードを左詰めにする
  4. 数字が入るか確認する
  5. 28〜32字以内に収める

クリック率を上げる法則

  1. 数字を取り入れる
  2. 損失やデメリットを提示する
  3. 容易性や即効性を提示する
  4. 希少性を取り入れる
  5. 安さを紹介する
  6. 信頼性や権威性を取り入れる
  7. ペルソナを書く

ブログタイトルは記事の顔の部分なので、読者に記事の内容をしっかり伝えることが大切です。

記事タイトルを変更したら、Googleサーチコンソールを使ってクリック率を確認するようにしましょう。

サーチコンソールの使い方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

今回は以上です。

関連記事【Googleサーチコンソールの使い方】具体的な分析法3つとアナリティクスとの違い
関連記事【特典付き】AFFINGER5の評判を徹底解説【初心者が失敗しない3つのポイント】

-Blog