Affiliate

【SEO攻略】競合サイトを分析チェックできるGoogleChrome拡張機能5つ

2020年4月16日

記事を書くときに『競合チェック』をしたりするけど、具体的にどうやってチェックすればいいの?

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学生として学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

ブログ記事を書くときは「キーワード選定」が大切になりますが、それと同時に『競合チェック』をする人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、競合チェックをより精密に行うことができる『Google拡張機能』5つについて紹介していきます。

今回紹介するツールは、すべて無料でつかうことができるので、より精密に分析したい人は使ってみてください。

この記事を読めば、戦略的に競合チェックができるようになるので、効率よく記事を書けるようになりますよ。

今回の内容

✔ 競合チェックツール5選
✔ 使い方と導入方法

競合チェックツールの利用方法

競合チェックツールについて紹介する前に、『Google拡張機能』の利用方法について簡単に紹介します。

「Google拡張機能」とは、『Google chrome』という検索エンジンの中で使えるアプリのようなものです。

この拡張機能は無料でダウンロードでき、使い方は下に示す通りです。

Google拡張機能の利用手順

➀Google Chromeを開く
Googleウェブストアにアクセス
➂ツール名を検索する
➃拡張機能を追加する
⑤Google Chromeの右上に拡張機能が追加される

実際に上の手順に沿って拡張機能を追加すると、下のように追加されます。

このアイコンをクリックすることで、「有効化」したり「無効化」したりすることもできます。

それでは、実際に競合チェックツールを見ていきましょう。

ブログ競合チェックツール5選

今回紹介していき競合チェックツールは以下の5つです。

すべて無料で使うことができますよ!

競合チェックツール5つ

  1. SimilarWeb
  2. Moz Bar
  3. SEO META in 1 CLICK
  4. かんたん文字数カウント
  5. Extract People also search phrases in Google

➀SimilarWeb

『SimilarWeb』は無料で使える競合サイト分析ツールです。

具体的には、下のような項目をチェックすることができます。

チェックできる項目

・ Bounce Rate(直帰率)
・ Pages per Visit(PV数)
・ Monthly Visits(訪問人数)
・ Avg. Visit Duration(平均滞在時間)

実際にブログで有名な「マナブログ」を見てみると下のようになります。

さらに、下の方にスクロールしていくと『GO TO SIMILARWEB』という場所があるのでクリックします。

クリックすると、上のような画面に移動しますので、画面左側にある『検索』というところをクリックすると、サイトの検索キーワードがわかります。

つまり、この部分を見ることで、「どのようなキーワードで流入してきているか」が具体的にわかります。

実際に、マナブさんのブログで見てみると上のようになります。

こんな感じで、どのような言葉で検索されているのかわかるので、競合を分析するときに使うことができますね。

ただし、結構有名なサイトでないと、上手く検出されないみたいです!

➁Moz Bar

『Moz Bar』は競合サイトのドメインパワーを測ることができます。

このドメインパワーが大きければ大きいほど、上位表示されやすく競合として強いと言えます。

使い方は簡単で、Moz Barを導入して「自分が選んだキーワードを検索する」だけです。

例えば、「ブログ 始め方」で検索すると下のような画面になります。

すると、PADAという2つの文字が見えるかと思います。

PAとDAの違い

PA:表示されているページの強さ
DA:URL事態の強さ

競合チェックする際には、「そのキーワードでどれくらい強いか」ということが重要ですので『PA』をチェックしましょう。

一般的に、PAの値が15以下であれば、半年~1年のサイトでも勝てますので、初心者はこの部分を狙うのがおすすめです。

あくまで目安ですが、自分のページランクも見極めつつ、競合チェックをしていくことが大切です。

➂SEO META in 1 CLICK

『SEO META in 1 CLICK』は競合サイトの見出しをすべて見ることができるツールです。

例えば、「ヒトデさん」のブログを見てみると上のような感じになります。

上のように見出し全体を見ることができるので、競合サイトの全体像がつかめたり、見出しタグ内のキーワードを分析することができます。

➃かんたん文字数カウント

『かんたん文字数カウント』は、サイト内の文字数を数えることができるツールです。

基本的には、狙ったキーワードの上位ページより多くの文字を書く必要があります。

そんな時には、このプラグインを使って、サイト内の文字数を一瞬でカウントできます。

カウントのやり方

➀競合サイトの記事を選択
➁右クリックして「文字数カウント」を押す

場合によっては、『Ctrl+A』を使って全選択をしてもいいですが、余計な文字も選択してしまう恐れがあるので、注意しましょう。

⑤Extract People also search phrases in Google

『Extract People also search phrases in Google』は、検索ワードに対して「関連するキーワード」を表示してくれるツールです。

例えば、「ブログ 始め方」で検索すると下のようになります。

これは「競合サイトチェック」にも使えますが、関連語が表示されるので『ロングテールキーワード』を見つけたいときにも使うことができます。

また、このリストは普通にコピーすることもできるので、どこかにコピペしておけば、それを見ながら関連語を攻めることもできますよ。

僕はこの後「UBERSUGGEST」というツールを用いて、検索ボリュームなどをチェックしています。

まとめ:競合サイトチェックツール

今回は、競合サイトチェックで役立つツールとその使い方について紹介しました。

改めて今回紹介したツールと、導入手順について紹介しておきます。

競合チェックツール5つ

  1. SimilarWeb
  2. Moz Bar
  3. SEO META in 1 CLICK
  4. かんたん文字数カウント
  5. Extract People also search phrases in Google

Google拡張機能の入れ方

➀Google Chromeを開く
Googleウェブストアにアクセス
➂ツール名を検索する
➃拡張機能を追加する
⑤Google Chromeの右上に拡張機能が追加される

記事を書き始める前に競合サイトをチェックしておくことで、「自分が書いて勝てる相手なのか」見極めることができます。

また、実際に記事の構成を考える時にも競合分析することで、「足りない情報」「相手の弱み」を見つけることができます。

むやみやたらに記事を書いても仕方ないので、しっかり相手の分析をしてから記事作成に取り組みましょう。

関連記事
ブログがGoogle検索上位に表示されない5つの理由【解決策あり】

-Affiliate