ブログを毎日更新してはいけないたった1つの理由【実体験をもとに解説します】

Blog

ブログを毎日更新してはいけないたった1つの理由【実体験をもとに解説します】

ブログで稼ぐには毎日記事を書いて更新しないといけないと聞いたことがあるのですが本当ですか?毎日記事を書いていても稼げないのですがどうすればいいのでしょうか。

悩んでいる人

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

Twitter(@you_blog2912)を運営中

この記事の内容

毎日更新が必要ない理由
毎日更新のメリット・デメリット
ブログで稼ぐなら更新ではなく作業すべき
毎日作業するスケジュール

今回は、ブログを毎日更新しなくて良い理由というテーマでお話しします。

毎日更新をしていると下のような気持ちになりますよね。

毎日更新しているときの本音
  • 書くネタがない
  • めんどくさい
  • アクセスが無くて辛い
  • そもそもやる時間がない
  • 収益がなくてモチベが上がらない

いきなり結論になりますが、ブログの毎日更新は必要なく大切なのは毎日作業することです。

その理由について、実際に毎日更新をしていなくても稼げている僕が解説していきます。

記事の後半では、どのようにすれば心に余裕を持った状態で収益化できるか具体例を踏まえつつ紹介していくので、最後までじっくり読んでみてください。

【結論】ブログの毎日更新は必要なし!

結論、ブログの毎日更新は必要ありません。

これは、GoogleがSEOに更新頻度は関係なく、むしろ質の高さを重視しているからですね。

毎日更新しようとすると、記事を書くことが目的になってしまうので1記事あたりの記事の質が下がってしまいます。

毎日新しい記事を書こうとして記事の質が落ちるのは本末転倒ですよね!

ゆーさく

ブログを毎日更新するメリット

しかし、毎日更新にメリットがないわけではありません。

ブログを毎日更新するメリットは以下のようなものがあります。

毎日更新のメリット

  1. ライティング力が上がる
  2. 記事を書くのが早くなる
  3. ファンがつきやすくなる

順番に解説します。

メリット①:ライティング力が上がる

新しい記事を毎日書くことで、ライティング力が上がります。

これは単純に、毎日記事を書いている人と書いていない人との間に作業量の差が出るからですね。

たとえば「昨日はこういう表現で書いたけれど今日は違う表現で書いてみよう」のように、試行錯誤しやすいのも毎日更新のメリットです。

メリット②:記事を書くのが早くなる

毎日記事を書いていると、自分なりの記事の型ができてくるので記事を書くのが早くなります。

他にも、毎日記事を書くことでタイピングの速度も上がるので、自然と記事を書くのが早くなりますね。

僕はブログを始めたときは、3,000字くらいの記事を書くのに10時間くらいかかっていたのですが、かかる時間はかなり減りました!

ゆーさく

メリット③:ファンがつきやすくなる

毎日記事が更新されるブログは、ファンがつきやすくなります。

たとえば、月に一回更新するブログと毎日更新するブログだったら、毎日更新されるブログの方が読者は見にきたくなりますよね。

結果としてアクセスも増えるので、毎日更新をするとアクセスが増えるというのもあながち間違いではありません。

ブログを毎日更新するデメリット

ブログを毎日更新するデメリットは以下の2つです。

毎日更新するデメリット
その①:質の低い記事が増える
その②:毎日更新しなくても稼ぐことができる

毎日更新することで記事を書くことが目的になり、結果として質の低い記事が増えていきます。

質の低い記事はSEO的にマイナスですし、ブログ全体の評価が下がってしまう原因になるので注意が必要です。

また、事実としてある程度記事を書いてしまえば、毎日更新をしなくても稼げるようになります。

毎日更新をすると、記事をリライトする時間もなくなるのでブログ運営が大変です。

ゆーさく

ではどうして毎日更新がよいと言われるのか

上で紹介したように、記事の更新頻度はSEOにそこまで大きく関係しません。

そんな中で実際に毎日更新をしている人は、以下の 3つのような理由があると考えられます。

毎日更新をしている理由
  • 常に質の良い記事が書けるから
  • ブランディングのため
  • 誰かに毎日更新するように勧められたから

たとえばマナブさんは、毎日更新をすることで自分をブランディング化することに成功しました。

何か目的があって毎日更新するのであれば良いですが、思考停止で毎日更新するのは意味がないのでおすすめしません。

毎日更新ではなく毎日作業をすればOK

結論、毎日更新ではなく毎日作業をすればOKです。

これは、毎日記事を書かなくてもブログに関係する作業をしていれば継続力がつくからですね。

また、毎日新しい記事を書く必要がないので、記事の質を落とすことなく記事を書くことが可能です。

実際に僕は、今現在毎日更新を止めていますが、毎日必ずブログ関係の作業をするようにしています。

ゆーさく

【実例を紹介】毎日作業する具体例

たとえば、1週間に2記事書くことを目標にするとします。

その場合、ブログに必要な作業を以下のように割り振ってみましょう。

一週間に2記事書くときの作業例
  • 月曜日:キーワード選定①②
  • 火曜日:ペルソナ設定・競合調査①
  • 水曜日:ペルソナ設定・競合調査②
  • 木曜日:記事構成①
  • 金曜日:記事構成②
  • 土曜日:記事の執筆①
  • 日曜日:記事の執筆②

上の通りに記事を書いていくと、1ヶ月間に8記事書くことが可能です。

あくまで一例ですが、そこまで詰め込んだスケジュールではありませんよね。

記事を書くのになれてきたら徐々に書く量を増やしてみる

記事を書くのに慣れてきたら、1週間あたりの執筆量を増やしてみましょう。

たとえば、以下のような感じですね。

 1週間に書く記事数1ヶ月あたりの記事数期間内の記事数リライトする記事
1〜3ヶ月目2記事8記事24記事なし
4ヶ月〜半年3記事12記事36記事なし
7〜12ヶ月目3記事12記事72記事1週間に2記事(半年で48記事)

※上の表は横にスクロールすることができます

上のような感じで記事を書いていくと、1年間で132記事更新と48記事のリライトができます。

記事のリライトもしつつ、100記事以上記事を書くことができるので十分な量ですね!

ゆーさく

半年ほどたったら、徐々にリライトを始めていけばOKです。

リライトのやり方は【SEO順位別】ブログのリライト方法を3つの注意点とともに徹底解説で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

毎日作業を始める前にやっておくべきこと

毎日作業を始める前に、必ずサイト設計をしておきましょう。

サイト設計とは、その名前の通り自分のブログにどのような記事やカテゴリーを作るかあらかじめ決めておくことです。

たとえば、家を建てるときもいきなり柱を立てたり庭を作ったりしないですよね。

ブログも同じで、あらかじめどのような記事を書くか決めておくことで、ブログの完成形を具体的に想像することができます。

また、その日にどんな記事を書くか悩まずに済むので、効率的に毎日作業ができるようになります!

ゆーさく

サイト設計の手順5ステップ

サイト設計は以下の5つの手順でやればOKです。

サイト設計の具体的なやり方

  1. ブログジャンルの決定
  2. ターゲットを決める
  3. カテゴリーの分類
  4. キーワード(記事の内容)選定
  5. 内部リンク先の決定

サイト設計の段階でどのような記事を書くか決めておくと、毎日の作業がグッと楽になります。

サイト設計の詳しいやり方はアフィリエイトで稼げるサイト設計のやり方・手順【総収益7桁の僕が詳しく解説】で紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ:毎日作業をして自分のペースで継続していこう!

今回は、毎日更新が必要ない理由について解説しました。

結論、毎日更新ではなく毎日作業をすることがブログで稼ぐコツでしたね。

実際、毎日更新しつつ質の高い記事が書けるのが理想ですが、多くの人は毎日更新では質の高い記事を書くことはできません。

まずは今回紹介したように、1週間に2記事更新を目標にしつつ徐々に記事数を増やしていきましょう。

今回は以上です。

関連記事ブログを継続するたった5つのコツ【1年近くブログを継続している僕が解説】

-Blog