Blog

【裏技】ブログ運営でお宝キーワードを探す方法をご紹介!

2020年4月23日

・キーワード選定ってどうやるの?

・「お宝キーワード」を見つける方法が知りたい!

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学生として学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

ブログを書くときに「キーワード」を探しますが、みんなどうやって探しているの?と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、具体的なキーワード選定のやり方を紹介していきます。

この記事の内容

✔ 記事を書くまでの手順
✔ キーワード選定の方法
✔ お宝キーワードの発掘方法

さらに、僕が実際にやっている「お宝キーワードの探し方」についても、今回特別に紹介しますので、興味がある人はご覧になってみてください。

この記事を読めば、具体的なキーワードの見つけ方がわかるので、検索上位をとりやすくなりますよ。

キーワード選定の手順は5ステップ

具体的な「キーワード」の探し方について紹介していく前に、まずは『キーワード選定の手順』について簡単に紹介します。

実際に僕がブログを書くときに行っている「キーワード選定」の手順は、以下の5ステップです。

■キーワード選定の手順
➀ジャンルの選定
➁キーワードを決定
➂PA,DAチェック
➃競合チェック
⑤記事を書き始める

➀の「ジャンル選定」に関しては、それぞれのブログによって変わると思います。

おそらく、皆さんが知りたいのは➁➂➃の具体的な方法ですよね?

実は➂と➃はすでに下の記事で紹介しているので、気になる人は【SEO攻略】競合サイトを分析チェックしてキーワード上位表示する方法5つを参考にしてみてください。

後は残りの➁番、「キーワード選定」ができればブログを書くときに困ることはありません。

それではどうやって「キーワード選定」をしていけばいいのか、具体的に紹介していきます。

キーワード選定その➀:ジャンルから関連語を探す

まずは、書きたいジャンルの中から1つキーワードを考えましょう。

例えば、「今日は"睡眠"について書こうかな」となれば、キーワードは『睡眠』です。簡単ですよね。

次に、『キーワードの関連語』を探していきます。

関連語の探し方はたくさんあるのですが、今回は3つ紹介します。

関連キーワードの探し方
➀Ubersuggest
➁Rank Tracker
➂Extract People also search phrases in Google

すべて英語のツールですが、ちゃんとすべて日本語で使うことができるので安心してください。

➀Ubersuggest

つい最近まで完全無料ツールだったのですが、一部有料(月額1,000円)になってしまいました。

今回は無料版でもできますので、料金をかける必要はありません。

まずは、「Ubersuggest」にアクセスして、『アカウントを作成』してください。

「Googleアカウント」があれば、簡単に登録できます!

「アカウント登録」ができたら、ホーム画面に移動して実際にキーワードを検索していきます。

ホーム画面のサイドバーから、『 ubersuggest 』➔『キーワード候補』をクリックします。

すると、上のような画面になるので、『キーワードを1語入力』してみましょう。

例えば、上の画面のように「睡眠」で検索をかけると、関連キーワードがズラリと出てきます。

その中でも、検索ボリュームが100~1000のものを選びましょう。

検索数が多いものは、「競合率が高い」可能性があるので、慣れるまでは「100~1000」のものを選んでおきましょう。

ここで見つけたキーワードは、エクセルなどにメモっておいてください!

➁Rank Tracker

Rank Tracker』は、競合チェックもでき、自分の全ページの検索順位がわかるとても便利なツールです。

僕がわずか1か月という短い期間で結果が出せたのは、『Rank Tracker』があったからといっても過言ではありません。

そんな検索順位を計測できるツールですが、『Rank Tracker』でもキーワード選定をすることができます。

まずは、Rank Tracker にアクセスして『キーワード調査』➔『キーワードプランナー』をクリックします。

すると、上のような画面になるので、検索窓に「キーワード」を入力してください。

先ほどと同じように、「睡眠」というキーワードを入力すると、上の画像のように関連キーワードが出てきます。

あとは、さっきと同じように「検索ボリューム」が100~1000のものをチェックしてメモしておきましょう。

このツールは有料ですが、月1,000円くらいで検索順位も計測できるので、SEO分析をして戦略的に収益化したい人は使ってみてください。

関連記事
【SEO最強ツール】Rank Trackerの価格・料金プランを徹底解説【導入手順あり】

➂Extract People also search phrases in Google

『Extract People also search phrases in Google 』はGoogleの拡張機能で、スマホでいうアプリみたいなものです。

検索エンジンを『Google chrome』にすることで利用することができます。

この「拡張機能の導入方法」については、下の記事に詳細が書いてあるので、参考にしてみてください。

【SEO攻略】競合サイトを分析チェックできるGoogleChrome拡張機能5つ

記事を書くときに『競合チェック』をしたりするけど、具体的にどうやってチェックすればいいの? こんな悩みを解決します。 この記事の信頼性 大学生として学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでい ...

実際にツールを導入したら、「キーワードを検索」してみましょう。

実際に「Google chrome」で「睡眠」と検索すると下のようになります。

すると、上の写真のように関連キーワードが出てくるので、コピーしてメモしておきましょう。

■実際に出てきた関連キーワード
・睡眠 質
・睡眠のメリット
・睡眠時間
・レム睡眠
・深い睡眠 割合
・睡眠 役割
・質の高い睡眠 方法
・深い睡眠 時間 平均
・睡眠 効果
・質の良い睡眠

この検索方法では検索ボリュームはわかりませんが、出てきた関連キーワードは、ある程度検索ボリュームがあるものになります。

他にも「Googleキーワードプランナー」などを使っても関連キーワードを調べることができますが、お金がかかるので僕は使っていません。

なるほど、こうやってキーワードを見つければいいのですね!
けれど、この中から『お宝キーワード』ってどうやって見つければいいのですか?

こんな疑問が生まれると思ったので、今回はさらに深堀して「お宝キーワード」の見つけ方について紹介していきます。

お宝キーワードの調べ方

それでは、先ほど調べた『関連キーワード』の中から「お宝キーワード」を発掘していきましょう。

具体的な手順は3ステップです。

■お宝キーワード発掘手順
➀「intitle:」検索をする
➁「allintitle:」検索をする
➂2つの検索ボリュームの比を計算する

なんか難しそうですが、実際はめちゃくちゃ簡単なので説明していきますね。

まずは、「intitle:」と「allintitle:」 の違いについてです。

intitle:キーワードの一部を含む検索
allintitle:キーワードすべて含む検索

例えば、『intitle:睡眠 時間 ベスト 』で検索すると、3つの内のどれかが入ったものがすべて表示されます。

この場合は、「32,400件」の検索結果が出ましたね!

次に、 『allintitle:睡眠 時間 ベスト 』で検索すると、3つのキーワードすべてが入ったもののみが表示されます。

今度は、「374件」に減りましたね。

■睡眠×質×ベストで検索した結果
・intitle:32,400件➔市場の大きさ
・allintitle:374件➔商品の数

「intitle」は『市場の大きさ』、「allintitle」は『商品の数』を表しています。

なので、「お宝キーワード」は市場が大きいけれど、商品の数極端に少ないものと言えます。

実際、どのくらいの割合であれば「お宝キーワード」であるといえるかというと、一般的に

■お宝キーワード理想の比率
『intitle』:『allintitle』=5:1

の比率とされています(「intitle」側の比が、大きければ大きいほどよいと言えます。)

今回の場合は、「 『intitle』:『allintitle』=87:1」となりますので、お宝キーワードということが言えます。

少し地味な見つけ方ですが、こんな感じで「お宝キーワード」を見つけることができます。

見つけた「お宝キーワード」は、競合チェックなどをしてから、記事を書いていけばOKです。

まとめ:お宝キーワードを探して検索上位を目指そう!

今回は、お宝キーワードの探し方について話してきました。

関連キーワードの見つけ方と一緒にまとめると、下のようになります。

関連キーワードの探し方
➀Ubersuggest
➁Rank Tracker
➂Extract People also search phrases in Google

■お宝キーワード発掘手順
➀「intitle:」検索をする
➁「allintitle:」検索をする
➂2つの検索ボリュームの比を計算する

「キーワード選定」は、ブログやアフィリエイトの核になる部分ですので、上のような方法で戦略的に選んでいきましょう。

関連記事
【保存版】検索順位チェックツールRank Trackerの使い方【SEOを攻略するための分析法】

-Blog