ブログの初投稿は何を書けばいい?【結論:自己紹介は必要なしです】

Blog

ブログの初投稿は何を書けばいい?【結論:自己紹介は必要なしです】

最初の記事って何を書けばいいのかな?調べてみると「自己紹介」がいいって言ってる人がいるからとりあえず自己紹介を書けばいいですかね?

悩んでいる人

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

Twitter(@you_blog2912)を運営中

この記事の内容

【結論】自己紹介の記事は不要です
最初に収益記事を書くべき理由とは?
ブログ初投稿に関するよくある疑問3つ

今回は、ブログの初投稿についてお話ししていきます。

結論から言うと、最初に書くべき記事は収益記事です。

「最初の記事は自己紹介がいい」という人もいますが、ブログで稼ぎたいのであれば自己紹介はなくても大丈夫です。

本記事では、自己紹介が必要ない理由と最初に収益記事を書くべき理由を解説します。

記事の後半では、どのような手順で収益記事を書けばいいか紹介していくので最後までじっくり読み込んでみてください。

ゆーさく

それではさっそく見ていきましょう。

\ 当サイトで使用中WordPressテーマ /
yusakublog限定特典付きアフィンガー5(AFFINGER5)5,000円相当プラグイン&当サイト限定特典付き

関連記事【限定特典5つ】AFFINGER5の評判を徹底解説【押さえておくポイント3つ】

ブログの初投稿に自己紹介は必要ない理由

結論から言うと、自己紹介記事はなくても大丈夫です。

というのも、検索した人はあなたに興味がないからですね。

たとえば[パソコン おすすめ]と検索したときに、わざわざその人の自己紹介をみたりしませんよね。

たしかに、記事を書くのに慣れるという目的なら書いてもいいかもしれませんが、ブログで稼ぐ事が目的なのであれば自己紹介よりも書くべき記事があります。

初投稿は収益記事を書くのがおすすめ!

初投稿は、収益記事を書きましょう。

ブログの記事は、大きく3つの種類があります。

ブログ記事の分類
  • まとめ記事:収益記事のまとめ
  • 収益記事:収益を得るための記事
  • 集客記事:人を集める記事

まずは、上のような記事の分類があることを覚えておきましょう。

そして収益記事は、商品紹介・レビューなどアフィリエイト案件をメインで紹介する記事のことをいいます。

初投稿に、収益記事を書くべき理由は以下の3つ。

収益記事から書くのがおすすめな理由
  • 紹介する商品が明確になる
  • レビュー記事は経験談を入れて書きやすい
  • ゴールが明確になるので次の記事が書きやすくなる

上のとおりですね。

ブログのよくある失敗として『100記事書いたけれど紹介する商品がない』といったことがあります。

収益記事から書き始めることで、紹介する案件がないといった失敗を防ぐことができます!

ゆーさく

収益記事を書いたら次に集客記事を書く

収益記事を書いたら次に、関連する集客記事を書きましょう。

そして、集客記事から内部リンクで収益記事に人を集めます。

具体的には、以下のようなステップですね。

  1. 収益記事を3〜4記事書く
  2. 上に関する集客記事を12〜16記事書く
  3. 内部リンクで集客記事→収益記事に人を流す

最初は、収益記事と集客記事が1:4になるように書き進めていくのがおすすめです。

あまりイメージができないと思うので、たとえば「転職サイト」を例に考えてみましょう。

あくまで一つの例ですが、以下のような感じで記事を書けばOKです!

ゆーさく

サイト設計の例

転職サイトの例

疑問:収益記事はどうやって決めればいいの?

収益記事は、案件や商品を決めてから書きましょう。

具体的には、自分のジャンルの競合サイトをみて扱っている案件をマネすればOKです。

なぜなら、『競合サイトが扱っている案件=稼げる案件』だからですね。

競合サイトの案件は、意外と簡単に確認できるので、記事を書き始める前に確認しておきましょう。

ゆーさく

案件の探し方は【裏技】アフィリエイト案件の探し方3選【総収益7桁の僕が解説】で解説しているので参考にしてみてください。

必ずキーワードを決めてから記事を書き始める

記事を書くときは、必ず検索されるキーワードを決めてから書きましょう。

キーワードを決めて記事を書く理由は以下の3つです。

キーワードを決めてから記事を書く理由

  1. 検索意図がわかる
  2. カニバリを防ぐことができる
  3. 競合の強さや検索ボリュームがわかる

上のとおりです。

初心者によくあるのが、記事内容をなんとなく決めて記事を書き始めてしまうことです。

記事内容で書くことを決めてしまうと、どんな人をターゲットに記事を書いているのかぼやけてしまいます。

「どんな人が」「どんな悩みを」持っているのか明確にするためにも、キーワードから記事内容を考えるクセをつけることが大切です。

キーワード選定は【基本】キーワード選定のやり方3ステップ【ラッコキーワードの使い方あり】で解説しているので参考にしてみてください。

ブログ初投稿に関するよくある質問

最後に、以下の3つのよくある質問に回答していきます。

よくある質問

  1. 収益記事はどうやって書けばいいの?
  2. ブログジャンルは絞ったほうがいいの?
  3. 最初にやっておくべき事はありますか?

上から順番に解説します。

質問①:収益記事はどうやって書けばいいの?

収益記事は、キラーページとも呼ばれます。

このキラーページは以下の7ステップで書けばOKです。

キラーページの書き方7ステップ
  • 商品の基本情報
  • メリット・デメリット
  • 商品の評判
  • どんな人におすすめか
  • 商品に関するよくある質問
  • 購入手順や登録手順
  • 全体のまとめ

上のステップに沿って記事を書けば、誰でもキラーページを書くことができるのでぜひマネしてみてください。

詳しいキラーページの書き方は、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

関連記事キラーページの書き方5ステップ&3つの注意点【テンプレートをマネるだけでOK】

質問②:ブログジャンルは絞ったほうがいいですか?

ブログには、大きく特化ブログと雑記ブログの2つがあります。

  • 特化ブログ:ジャンルを1つに絞ったブログ
  • 雑記ブログ:いろいろなジャンルが混在したブログ

結論からいうと、ジャンルを絞った特化ブログのほうが稼げる確率が高くなります。

なぜなら、ジャンルを絞る特化ブログの方が専門性が上がるからです。

たとえば「パソコン」を買うときに、ドンキホーテとPC専門店、どちらで購入するかと言うと後者ですよね。

ブログも同じで、ジャンルを絞れば絞るほど専門性が増し、競合も少なくなるので結果的に稼ぎやすくなります。

ジャンルを絞るときは3回以上フィルターにかける

ジャンルを絞るのであれば、専門性を高くするために3回以上フィルターにかけましょう!

ゆーさく

たとえば[就活]ジャンルであれば、以下のような感じ。

  1. [就活サイト]
  2. [理系大学卒のための就活サイト]
  3. [理系大学院卒のための就活サイト]

上のように、3回以上フィルターに通して、ジャンルの粒度を小さくしていくことが大切です。

質問③:記事を書く前にやっておくべきことはありますか?

【AFFINGER PACK3特典付き】EX版とスタンダード版の違いとは?【アップグレード法も解説】

ブログで稼ぎたいのであれば、記事を書く前に有料テーマを入れておきましょう。

なぜなら、あとから有料テーマを導入すると、リライトに時間を取られてしまうからですね。

たとえば、1記事リライトするのに30分かかると仮定すると、リライトにかかる時間は以下。

記事数に対するリライトにかかる時間

記事数リライトにかかる時間リライト時間で稼げるお金(時給1,000円)
10記事5時間5,000円
30記事15時間15,000円
50記事25時間25,000円
100記事50時間50,000円

※表は横にスライドできます

リライト時間で、代わりに時給1,000円でバイトするとかなり時間の無駄をしていることがわかります。

有料テーマの相場は15,000円前後なので、30記事以上のリライトは完全に損です。

短期間でブログで稼ぎたいと思っている人こそ、リライトに時間を割く時間ほど無駄なものはないので、初めのうちに有料テーマを入れておきましょう。

ゆーさく

有料テーマに迷ったら以下の3つから選ぶ

有料テーマに迷ったら、以下の3つの中から選べば間違いありません。

実際に、当ブログではAFFINGERを1年以上使っており、使用感やカスタマイズ性にとても満足しています。

有料テーマは【失敗しない】WordPressおすすめ有料テーマ7選を徹底比較&人気ランキングで詳しく解説しているので、迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

まとめ:収益記事から書き始めて最速でブログで稼ごう!

今回は、ブログの初投稿で書くべき記事について解説しました。

具体的には、以下の手順に沿って記事を書き進めればいいのでしたね。

  1. 収益記事を3〜4記事書く
  2. 上に関する集客記事を12〜16記事書く
  3. タイミングをみてまとめ記事を書く

最初に売る商品を決めて記事を書くことで、ブログの軸もブレにくくなります。

まずは、売る商品を決めて収益記事→集客記事の順番で1記事ずつ書き進めていきましょう。

今回は以上です。

関連記事【厳選】登録しておくべきASPおすすめ11選【ブログでアフィリエイトをするなら必須です】

-Blog