Blog

【サイトスピード向上】EWWW image optimizerプラグインの設定方法まとめ

・サイトスピードを早くしたい!

・EWWW image optimizerの設定方法を教えて欲しい!

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学で学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

『EWWW image optimizer』とは、WordPressのプラグインで、画像を自動的に圧縮してくれるプラグインです。

画像を圧縮することにより、サイトスピードを早くすることができるので、訪問者の離脱率を下げることができます。

一度設定してしまえば、アップロードした画像を自動的に圧縮してくれるので便利!

そこで今回は、EWWW image optimizerの設定方法について紹介してきます。

この記事を読めば、簡単にサイトスピードを上げることができるので、サクッと導入してしまいましょう。

『EWWW image optimizer』の導入方法

導入方法について紹介する前に、この記事全体像を先に紹介します。

■この記事でやること
➀プラグインの導入(1分)
➁設定(2分)
➂過去の画像を一括圧縮

➂の「画像一括圧縮」にかかる時間は、過去に投稿した画像の枚数によりますが、僕は20分ほどかかりました。

➂はボタンを押したら待ってるだけなので、休憩時間にポチッと押しておくとよいかもです!

まずは、プラグインの導入を行っていきましょう!

まずは、WordPress管理画面から『プラグイン』➔『新規追加』をクリックします。

次に、右上の検索窓に『EWWW image optimizer』と入力し、インストールして下さい。

インストールが終わったら、プラグインを有効化して完了です。

『EWWW image optimizer』 の初期設定(2分)

次に、2分ほどで初期設定をしていきます。

WordPress管理画面の『設定』➔『EWWW image optimizer』をクリックします。

上のような画面に移動しますが、ピンク色の部分に☑が入っていることを確認してください。

デフォルトでは、基本的にチェックが入っています。

次に、タブを『変換』に切り替えて、下の画像と同じように設定してください。

『コンバージョンリンクを非表示』にチェックを入れたら、『変更を保存』を押して設定完了です。

最後に、過去の画像を圧縮して終了です!

過去に投稿した画像の一括圧縮方法

今後アップロードする画像は、上で紹介した設定で自動的に圧縮されます。

一方、過去にアップロードした画像は、このままでは圧縮されません。

そこで、最後に『過去の画像を一括圧縮』していきます。

WordPress管理画面から、『メディア』➔『一括最適化』をクリックします。

『最適化されていない画像をスキャンする』というボタンをクリックすると、『○○点の画像を最適化』という画面が出てきます。

そのボタンをクリックすると、自動的に過去の画像が圧縮されるので、それが終われば完了です。

待っているだけでいいので、空き時間にやっておくと効率的!

まとめ:EWWW image optimizerを入れてサイトスピードを改善しよう!

今回は、EWWW image optimizer』の設定方法について紹介しました。

今後アップロードする画像は自動的に圧縮されるので、メンテナンスも必要ありません。

他にもいくつかサイトスピードを改善する方法はいくつかありますが、改善されないようであれば、テーマを変更することをおすすめします。

特に、当サイトで使用している「AFFINGER5」と他のサイトで使用している「SWELL」は、テーマの中でもトップのサイトスピードです。

以下の記事では、2つのテーマのサイトスピードを実際に比較検討してますので、気になる人は参考にしてみてください。

関連記事:
>>WordPressテーマAFFINGER5とSWELLどっちがおすすめ?

-Blog

Copyright © Yusaku Blog , All Rights Reserved.