Blog SEO

【注意】太字strongタグの使いすぎは危険?!ブログSEOに悪影響がない代わりの太字タグをご紹介

・ブログ記事の中で太字タグの使いすぎは危険なの?

・代わりの太字タグを教えてください!

悩んでいる人

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

Twitter(@you_blog2912)を運営中

ブログの記事で太字にするときに『Ctrl』+『B』を使う人が多いかと思いますが、実は使いすぎるとGoogleからペナルティーを受けることがあります。

『Ctrl』+『B』 で太字にするときに使うコードを"strongタグ"といいますが、実際、有名ブロガーさんはこのstrongタグを使用していないことが多いです。

実際に成果を出している人は、strongタグのペナルティーを回避し、他のタグを使用しています。

ゆーさく

そこで今回は、strongタグの正しい使い方と他のタグについて紹介します。

この記事の内容

SEOにおけるstrongタグの意味
〈b〉タグを使うのも危険
他の太字タグとその作り方

この記事を読めば、正しいstrongタグの使い方とペナルティーを受けない代わりのタグがわかるので、よりSEOを意識したブログ運営ができますよ。

SEOにおけるstrongタグの意味

『Ctrl』+『B』 で太字にすると、HTMLコードでは以下のように記述されます。

■ HTMLコード:〈strong〉○○○○〈/strong〉

これを"strongタグ"といい、以下のような効果が得られます。

  • 太字で見た目の強調
  • Googleに重要キーワードのインデックス

つまり、読み手に重要と伝えるだけでなく、Googleに対しても重要であると伝える効果があるのです。

もし、strongタグを記事内でたくさん使ってしまうと、本当に大切なキーワードがぼやけるだけでなく、過剰な強調としてペナルティーを受ける恐れがあります。

正しいstrongタグの使い方は以下の3つです!

ゆーさく

吹き出しの中の言葉

  1. 単語に使う
  2. 見出しには使わない
  3. 1記事に3つまで(全体に分散)

ちなみに、以下の書籍でもstrongタグについて紹介されています。

strongタグの代わりに〈b〉を使用するのも危険!

実は〈b〉タグ(〈b〉~〈/b〉)と呼ばれるタグを使用しても太文字にすることが可能です。

この〈b〉タグを使用するように推奨しているサイトもありますが、この〈b〉タグもstrongタグと同じ役割なので多用は控えましょう。

〈b〉タグを多用すると、strongタグと同じようにペナルティーを受ける恐れがあります。

ゆーさく

太文字にするだけなら〈span〉タグを使用する

結論、太字にしたいだけなら〈span〉タグを使えばOKです。

〈span〉タグは、Googleに単語の重要性を伝えることはないので、ペナルティーを受けることなく太字を多用することができます。

この〈span〉タグは、有料テーマなどによっては標準装備されている場合があるので、確認してみてください。

ちなみに、当ブログで使用している「AFFINGER5」ではこの〈span〉タグが標準装備されています!

ゆーさく

太文字にするだけなら〈span〉タグを使用する

AFFINGER5の〈span〉タグ

アフィンガー5の場合は、上のボタンをクリックするだけで、〈span〉タグを出すことが可能です。

ちなみに、Gutenbergを使用している人は、以下の場所から〈span〉タグを使うことができます。

太文字にするだけなら〈span〉タグを使用する

「Gutenberg」で太字にする

ちなみに僕は上の2つを使い分けています!

ゆーさく

〈span〉タグがない場合はCSSで追加可能

使っているテーマに〈span〉タグがない場合は、CSSを追加して作ることができます。

CSSを追加する前に、一応バックアップを取っておきましょう!

ゆーさく

『外観』『テーマの編集』『style.css』、またはテーマの『追加CSS』に以下のコードを追加すればOKです。

CSSコード

.huto{ font-weight: bold; }

上のコードを追加して保存したら、実際に以下のHTMLコードを投稿記事に入力して、太字になるか確認してみてください。

コード

<span class="huto">太字</span>

上の"太字"の部分が太字になれば設定は完了です。

上のHTMLコードを「AddQuicktag」プラグインに保存しておくことで、簡単に〈span〉コードを呼び出せるようになります。

まとめ:strongタグを適切に使ってSEOでペナルティーを受けないようにしよう!

今回は、適切な太字の使い方と、ペナルティーを受けない太字のやり方について紹介しました。

吹き出しの中の言葉

  1. 単語に使う
  2. 見出しには使わない
  3. 1記事に3つまで(全体に分散)

実際にstrongタグを多用して大きくペナルティーを受けた人は見たことがありませんが、コードの意味を考えると多用がよくないことは事実です。

これまでstrongタグを多用していた人は、〈span〉タグを使ってペナルティーを受けないように気をつけましょう。

関連記事
【完全版】ブログの始め方から収益化までの流れを8ステップで徹底解説

ブログ情報一覧

-Blog, SEO

© 2020 YusakuBlog Powered by AFFINGER5