Blog Writting

ブログは量と質どちらが大切?【結論】まずは量をこなして慣れるべし!

2020年7月20日

・ブログで収益化するには「量」と「質」どっちが大切なの?

・記事の質を上げるには具体的にどうすればいいの?

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学で学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

結論、「量」と「質」どちらも大切ですが、まずは「量」をこなすことが大切です。

ではなぜ、最初は量をこなすことが必要なのでしょうか。

そこで今回は、最初は「量」をこなすべき理由について、具体的に紹介していきます。

この記事の内容

✔ 「量」と「質」どちらが大切か
✔  まずは500時間頑張るべき理由
✔「質」とは読者の悩みを解決すること

この記事を読めば、「量or質」の問題を解決でき、自分のフェーズに合わせてどちらを重視すべきかわかるようになりますよ。

「質」は「量」からしか生まれない

結論、ブログにおいて「量」と「質」いずれも大切です。

では、そもそもブログにおける「量」と「質」とはなんでしょう。

  • 量:記事の本数
  • 質:読者の悩みを解決する

ブログを始めたころは、ブログを書くことに意識がいってしまい、なかなか読者目線の記事は書けません。

記事をたくさん書くことで、他のことにも気を配れるようになり、初めて読者目線の記事を書くことができます。

つまり、「質」に目を配れる余裕が出てくるまで、「量」をこなすことが大切です!

「質」が出始めるのはブログを書き始めて500時間くらい

これは僕の経験談ですが、大体50記事を超えると「質」を意識して記事を書けるようになります。

その理由は、以下の3つです。

  • 記事の書き方に慣れる
  • 自分なりの型が身につく
  • ブログ知識が蓄積される

では、50記事書くためにはどれくらいの「量」が必要なのでしょうか。

ブログを始めたばかりだと、1記事当たり10時間くらいかかると思うので、最初の20記事は10時間、残りの記事は7時間かかるとすると、以下のようになります。

  • 10時間×20本=200時間
  • 7時間×30本=210時間

記事を書くだけで、合計410時間かかるわけですが、その他にもブログの勉強なども含めると大体500時間くらいかかります。

「質」を意識するのであれば、まずは500時間くらいブログに打ち込んで、50記事書くことが大切です。

「質」が高い記事とはどういう記事なのか

ブログの「質」が高まるとは、読者目線の記事を書くことですが、具体的には以下の4つです。

  • 悩みを明確化
  • 解決策の提示
  • 解決策の根拠
  • 情報の網羅性

上の4つを記事の中に盛り込むことで初めて、読者が納得する記事を書くことができます。

「質」が伴っているか数値で確認する

「質」が伴っているかどうかは、読者の行動で判断していく必要があります。

記事を書いた本人が完璧と思っていても、読者が満足しなければ意味がありません。

具体的には、以下の5つで判断していきましょう!

  • PV数
  • 発生した収益
  • 記事の検索順位
  • 記事の滞在時間
  • 読者の直帰率

上の内容は、『googleアナリティクス』『Rank Tracker』などの検索順位チェックツールで確認することが可能です。

学校のテストと同じで、記事を書いたら答え合わせをしないと、間違った方向に進み続けてしまうこともあるので、『分析ツール』を使って答え合わせをする癖をつけましょう。

関連記事
Rank Trackerの使い方を月6桁稼ぐ僕がわかりやすく解説【導入手順あり】

適宜リライトして「質」を高めていく

上の方法で記事の満足度を「数値化」したら、出来の悪い記事をリライトしていきましょう。

ブログの記事は学校のテストとは違って、記事を修正して何度でも再提出することができます。

具体的にどの部分が悪いのかを分析したうえで、過去の記事を適宜リライトしていくことが大切です。

ちなみに、僕は以下のようなタイミングでリライトしています。

https://twitter.com/you_blog2912/status/1267649145097138178

一気にリライトするのも大変なので、『記事数』『内部リンクを貼るとき』など、 自分なりにリライトのタイミングを決めておくとよいです。

詳しいリライトのやり方は、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

関連記事
【SEO順位別】ブログのリライト方法を3つの注意点とともに徹底解説

まとめ:まずは「量」を意識してブログの「質」を高めていこう!

今回は、ブログにおいて「量」と「質」どちらが大切かということについて話してきました。

今では読者の求めていることを意識して、少しずつ記事を書けるようになりましたが、初めから「質」の高い記事を書くことは不可能です。

まずは「量」をこなして、自分なりに何度も試行錯誤しながら「質」を高めていきましょう。

最初の目標は50記事くらいが理想です!

『どうやって50記事書けばいいの?』と思っている人は、記事を書くという行為を細分化できていない可能性があります。

作業の細分化の仕方や、具体的な目標の立て方については、以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

関連記事
ブログで収益を出す目標の立て方と目標達成のコツ3選

-Blog, Writting