Blog

【注意】パーマリンクの決め方と設定方法【日本語で設定するのは危険です】

・パーマリンクってそもそもなんなの?

・設定方法、決め方、SEOへの影響とかも教えてください!

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

Twitter(@you_blog2912)を運営中

ブログ・アフィリエイトにおいてパーマリンク設定は重要です。

パーマリンク設定や変更で失敗すると、記事の評価や被リンクが消えるので、今までの努力が水の泡になることがあります。

実際に僕もパーマリンク設定を知らず、最初に失敗してしまいました...

そこで今回は、パーマリンクの決め方から設定方法、注意点について紹介します。

この記事の内容

パーマリンクの設定・変更方法
おすすめの決め方と注意点
パーマリンクに関するよくある疑問

この記事を読むことで、パーマリンクに関する基礎をしっかり押さえることができますよ。

パーマリンクとは記事URLのこと

『パーマリンク』とは、記事のURLのことです。

基本的に記事のURLは、以下のような構成になっています。

・https://ドメイン名/パーマリンク

例えば、この記事のURLは『https://yusaku-blog.com/permalink』のようにパーマリンクを設定しています。

このパーマリンクは自分で設定することが可能です!

パーマリンク設定と変更方法

まずは、パーマリンクを自分で変更できるような設定をしておきましょう。

まずは「管理画面」にアクセスして『設定』『パーマリンク設定』をクリックしてください。

『設定』➔『パーマリンク設定』をクリック

次に、『共通設定』『カスタム構想』を選択して、「/%postname%/」と入力してください。

『共通設定』➔『カスタム構想』を選択して「/%postname%/」と入力

「/%postname%/」の部分はコピペでOK!

最後に変更を保存すれば、パーマリンク設定は完了です。

これでブログ記事の投稿画面から、URLを自由に設定できるようになります。

投稿画面からパーマリンクを変更する方法

使用しているWordPressテーマによって、パーマリンクを変更できる場所が変わります。

当サイトで使用している『AFFINGER5』や『SWELL』は記事の投稿画面で変更することが可能です。

まずは、記事の『投稿画面に移動』して、『文書』『パーマリンク』をクリックします。

「文書」→「パーマリンク」をクリック

あとは、この部分に自分でパーマリンクを入力し保存すれば完了です。

パーマリンク設定が見つからないときの対処法

パーマリンク設定の場所が見つからないときは、『オプション』から「パーマリンクタブを表示」してみましょう。

パーマリンクおすすめの決め方3つ

パーマリンクは、以下のような決め方が望ましいと言われています。

パーマリンクの決め方

  1. シンプル・わかりやすい
  2. 単語を繋ぐ時はハイフン
  3. 英単語を使用する

それでは、順番に確認していきましょう。

パーマリンクの決め方①シンプル・わかりやすい

パーマリンクは「シンプル」かつ「わかりやすい」ようにしましょう。

これは、読者がURLをみた時に、どんな記事内容かわかる表記がベストです。

例えば、以下のような感じですね!

・OK:https://yusakublog/blog-writting
・NG:https://yusakublog/blog

上のパーマリンクだと「ブログの書き方」に関する記事とわかりますが、下だとブログの何の記事かわかりませんよね。

パーマリンクは「シンプル」であることが大切ですが、パーマリンクをみただけで大体の記事内容かわかるように設定しましょう。

パーマリンクの決め方②単語を繋ぐ時はハイフン

パーマリンクの中に2つ以上の単語を入れるときには「ハイフンを使いましょう。

例えば、以下のような感じですね!

・OK:https://yusakublog/blog-writting
・NG:https://yusakublog/blogwritting
・NG:https://yusakublog/blog,writting

初心者によくあるのは、単語を連続させたり、カンマを使って単語を区切ってしまうことです。

パーマリンクの中ではハイフンを使うという決まりがあるので、間違えないようにしましょう。

ちなみに、ハイフンの代わりに「スラッシュ」を使うと、自動的にハイフンに変換されます。

パーマリンクの決め方③英単語を使用する

パーマリンクは英単語で入力するようにしましょう。

これも具体例を出しておきます!

・OK:https://yusakublog/blog-writting
・NG:https://yusakublog/burogu-kakikata

パーマリンクは、ローマ字ではなく英単語を使って入力するのが基本です。

英単語の変換はGoogle翻訳でやればOK

日本語を英単語に変換する時に、自分が知らない単語であればGoogle翻訳を使いましょう。

使い方は簡単で、左を日本語設定、右を英語設定にして、左に変換したい単語を入力するだけ。

変換した単語が2語 以上のときは、ハイフンでつないでパーマリンクに入力すればOKです。

パーマリンク設定に関するよくある疑問

最後に、パーマリンクに関するよくある質問について解説します。

よく話題にあがる質問は以下の3つです。

パーマリンクに関する疑問

  1. 日本語は使ってOK?
  2. 途中でパーマリンクを変更するのはアリ?
  3. パーマリンクのSEOへの影響の大きさは?

順番に解説します。

パーマリンクに関するよくある疑問①日本語は使ってOK?

結論、パーマリンクに日本語を使うのはNGです。

パーマリンクに日本語を使うと、URLが以下のような表記になってしまいます。

https://yusaku-blog.com/%e3%83%97%e3%

これだと読者から見て記事内容がわからないですし、パーマリンクをシンプルにするという枠から外れてしまいます。

なので、パーマリンクでは日本語は使わず、英単語で設定するようにしましょう。

パーマリンクに関するよくある疑問②途中でパーマリンクを変更するのはアリ?

結論、これもNGです。

パーマリンクの"perma"は「永久の」「持続的な」と言う意味があり、基本変更するものではありません。

「記事の評価」や「被リンク」はパーマリンク毎に管理されているので、変更すると今までの評価がすべて消えてしまいます。

どうしてもパーマリンクを変更したい場合は『301リダイレクト』を使えば、記事の評価や被リンクを引き継ぐことが可能です。

頻繁にパーマリンクを変更するのは控えましょうね!

パーマリンクに関する疑問③パーマリンクのSEOへの影響の大きさは?

ここまで色々と話してきましたが、結論からいうとそこまで大きな影響はないと思います。

これは実際に、当ブログでもパーマリンクが日本語、ローマ字のものが、上位表示されている例がいくつかあるからです。

最初のころは、僕もパーマリンクについて無知だったので...笑

ただ、上で紹介したパーマリンクの決め方に沿って決めておけば、SEOでマイナスになることはまずありません。

わざわざパーマリンクを日本語にしてリスクを犯しにいく必要はないので、パーマリンクは適切な形にしておきましょう。

まとめ:パーマリンク設定をして記事を管理しよう!

今回は、パーマリンク設定について詳しく解説しました。

パーマリンクの決め方は以下の3つでしたね。

パーマリンクの決め方

  1. シンプル・わかりやすい
  2. 単語を繋ぐ時はハイフン
  3. 英単語を使用する

上の3つを意識することで、適切な形でパーマリンクを決めることが可能です。

パーマリンクの変更方法を知らないと、今までの評価が消えたり努力が水の泡になります。

初心者に限らず、パーマリンクについてあまり知らなかった人は、パーマリンクについて再度見直しておきましょう。

今回は以上です。

関連記事
ブログで稼げない人の特徴5選【稼ぐために意識すべきことはたった1つです】

ブログ情報一覧

-Blog