Blog

【収益化のカギ】内部リンクの効果と具体的な貼り方3選をわかりやすく解説!

2020年6月3日

・内部リンクってどんな効果があるの?

・収益を上げるための貼り方を教えて下さい!

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学生として学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

『内部リンク』については、そもそも知らない人や、知っていても効果的な貼り方をできていないのがほとんどです。

実は、「内部リンク」の貼り方を工夫するだけで、収益をグンと上げることができます。

当サイトで実際に行っている手法を包み隠さず紹介しますよ!

そこで今回は、収益を加速するのに必須な「内部リンク」の貼り方とその効果について紹介します。

この記事の内容

✔ 「内部リンク」とは?
✔ 「内部リンク」の効果と具体的な貼り方

この記事を読めば、効果的な「内部リンク」の貼り方がわかるので、さらに収益化をアップすることができますよ。

そもそも『内部リンク』とは?

「内部リンク」とは、自分の記事と記事をつなぐリンクのことです。

逆に、自分のサイトと他のサイトをつなぐリンクを「外部リンク」といいます。

内部リンクを使って「集客記事」から「収益記事」に人を流すことで、収益化を加速できるのが特徴です。

内部リンクと外部リンクの関係

「内部リンク」と「外部リンク」の関係

内部リンクを貼ることによる効果

「内部リンク」を貼ることによるメリットは以下の3つです。

■「内部リンク」を貼るメリット
➀収益記事に誘導できる
➁PV数が増える
➂平均滞在時間が増える

それでは順番に解説します。

「内部リンク」のメリット➀:収益記事に誘導できる

先ほども説明したように、内部リンクを使うことで、「集客」➔「収益記事」に誘導することができます。

収益記事は基本競合が強く、検索で人を集めるのは難しいので、上手く「内部リンク」を使いましょう。

『ロングテールキーワード記事』➔『収益記事』に誘導が王道の流れなので、集客記事を書いた時には、関連する収益記事とリンクで結ぶことが大切です。

『ロングテールキーワード』って何?という人は、以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

関連記事:
>>アフィリエイトで稼ぐための3つのキーワードの種類と特徴【キーワード選定法あり】

「内部リンク」のメリット➁:PV数が増える

内部リンクで記事同士を上手くつなぐと、他の記事に遷移してくれるので、PV数を増やすことができます。

『PV数』とは、簡単に言うとページの閲覧数のことです。

PV数が増えると、それだけ多くの記事が読まれていることになるので、Googleから高評価をもらいやすくなります。

「PV」を増やしたければ、関連記事を内部リンクでつないでみましょう!

「内部リンク」のメリット➂: 平均滞在時間が増える

内部リンクを貼ることで、ユーザーがサイト内を巡回してくれます。

結果として、サイトの滞在時間が増えるので、これもGoogleに高評価をもらいやすくなるのです。

サイトの平均滞在時間は、Googleアナリティクスの「ユーザー」➔「概要」の平均セッション時間を見ることで確認できます。

「平均セッション時間」の確認

目安として2分以上であれば合格ですね!

Googleアナリティクスの分析方法については、以下の記事で詳しく紹介しているので確認してみてくださいね。

関連記事:
>>ブログ検索順位を上げるGoogleアナリティクスの使い方・分析法をご紹介

内部リンクの効果的な貼り方

内部リンクを貼るときには、以下の点に気をつけましょう。

■内部リンクの効果的な貼り方
➀まずは記事数を増やす
➁文章で誘導する
➂内部リンクは3つ程度

それでは一つずつ紹介します。

内部リンクの貼り方➀:まずは記事数を増やす

内部リンクで記事をつなぐときには、関連している記事でないとクリックされません。

内部リンクのクリックを促すためにも、まず内容が関連する記事を10記事以上書きましょう。

その時、収益記事:集客記事の比率は2 : 8の比率で書くことが大切です!

10記事ほど書いたら、『集客記事』から『収益記事』に向けて内部リンクをつけていきましょう。

内部リンクをつけるべき「場所」や「数」については、以下で紹介します。

内部リンクの貼り方➁:内部リンクは文章で誘導する

内部リンクを貼るときは、できるだけ文章で誘導するのがおすすめです。

僕のブログの離脱率が低いのはこれが原因ですね!

例えば、以下の例をご覧ください。

「内部リンク」のクリックを文章で誘導する

僕がよく使う手法としては、記事の最後で関連する悩みを提示して、上のように内部リンクに誘導します

こんな風に、「ちょっとひと手間」加えるだけで、グッとクリック率が上がるので、ぜひやってみてください。

内部リンクの貼り方➂:内部リンクは3つ程度

記事に貼る内部リンクは、1記事あたり3つ以下にしましょう。

理由は簡単で、リンクを貼りすぎてしまうと、その記事が最後まで読まれなくなってしまうからです。

せっかく書いた記事が読まれないのは悲しいですし、何よりリンクだらけの記事だと離脱されかねません。

リンクは適切な数だけ貼ることが大切ですね!

ちょっとした工夫ですが、内部リンクを記事の後半部分に集めることで、記事の滞在時間を伸ばすことができますよ。

まとめ:内部リンクをうまく使って収益化を加速しよう!

今回は、内部リンクの効果と具体的な貼り方について紹介しました。

■内部リンクの効果的な貼り方
➀まずは記事数を増やす
➁文章で誘導する
➂内部リンクは3つ程度

まだ内部リンクを貼っていない人は、上の手順に沿ってリンクを貼ると収益がかなりアップするので、ぜひ試してみてください。

今回は内部リンクについて紹介しましたが、「外部リンク」も重要な役割をもっています。

「外部リンク」もSEOに効いてくるので、具体的な効果を把握しておくことが大切です!

外部リンクの効果については以下の記事で詳しく紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

関連記事:
>>外部SEO対策でドメインパワーを上げる方法とは?具体的な対策を詳しく解説

-Blog

Copyright © Yusaku Blog , All Rights Reserved.