WordPress Theme

【失敗しない!】WordPress有料テーマを選ぶ判断基準5選

2020年6月14日

・有料テーマってどうやって選べばいいの?

・何を基準にして選べばいいか教えてください!

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学生として学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

ブログの有料テーマ選びって多くの人が悩む問題ですよね。

僕も今まで、DIVERやSWELL、アフィンガーなど多くのテーマを使ってきましたが、正直買うテーマは1つで十分です。

そこで今回は、有料テーマを購入するときの判断基準5選について紹介します。

この記事の内容

✔ 有料テーマを選ぶ基準5選
✔ おすすめの有料テーマ

この記事を読めば、有料テーマを選ぶときに見るべきポイントがわかるので、失敗なくテーマを選ぶことができますよ。

有料テーマを選ぶときに見るべきポイント5つ

結論、以下の5つのポイントを押さえればOKです。

  1. 値段
  2. デザイン・機能性
  3. SEO対策
  4. 使い回し可能か
  5. アフィリエイトがあるか

それでは順番に解説します。

見るべきポイント➀:値段

まずは、有料テーマの値段を見ましょう。

有料テーマの値段は、平均15,000円前後のものが多いです。

多くのブロガーさんが使っているテーマの値段は、以下のようになっています。

有料テーマ値段(税込み)
SANGO10,800円
STORK1911,000円
JIN14,800円
AFFINGER514,800円
THE THOR16,280円
SWELL17,600円
DIVER17,980円
賢威24,800円

さすがに賢威の24,800円は高いので、よっぽど気に入らない限り選択肢としてはなしですね。

見るべきポイント➁:デザイン・機能性

有料テーマは、それぞれ特徴的な機能やデザインを持っています。

例えば、僕が他のドメインで使っている『SWELL』は、Gutenbergの機能性が他のテーマより高いといった特徴があります。

他にも、『記事のスライドショー機能』があるテーマや、サイト速度を早くする『PWA』機能があるテーマもあるのです。

他の人のサイトをみて、『自分もこんなサイトを作りたいな』と思うものを選ぶことが大切です!

ちなみに、当ブログでは「AFFINGER5」を使っていますが、ブログのテーマがわからない場合は、トップページから調べることができます。

まずは、調べたい人のトップページに移動して、『Ctrl+U』を押してください。

こうすると、わけのわからない文字列が出てきます。

画像が小さくなってしまったので、拡大してみてください

次に、『Ctrl+F』を押すと、検索窓が出てくるので、『theme』と打ち込んで検索すると、オレンジ部分の横にテーマ名が出てきます。

こんな感じで、自分がいいなと思った人のブログは、上の方法でどのテーマを使っているか確認してみましょう。

見るべきポイント➂:SEO対策

SEO対策とは、検索結果で自身のサイトを検索上位表示させる対策のことで、サイトスピードなどが例として挙げられます。

有料テーマを入れることで、サイトが重くなる原因である『プラグイン』をたくさん入れなくて済むので、結果的にSEO対策になるのです。

ぶっちゃけ、有名なテーマであれば、SEO対策はしっかりされていると思うので、どれを選んでも大丈夫です!

見るべきポイント➃:使い回し可能か

有料テーマには、1回購入すれば「自分の複数のブログに使うことが出来る」テーマもあるのです。

例えば、「JIN」というテーマは、使い回しが可能な有料テーマなので、2つ目のブログを立ち上げた時でも、再度お金を払うことなくJINを使うことができます。

複数ブログに使えるテーマを選んでおいた方が、あとあと困らないかもです!

複数ブログに使い回しできる有料テーマは、以下の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

関連記事
【厳選】使い回し可能なWordPress有料テーマおすすめ5選を徹底比較

見るべきポイント⑤:アフィリエイトがあるか

これも結構重要なポイントで、有料テーマの中には「アフィリエイト」があるものがあります。

ブログで稼ぎたい人は、できるだけアフィリエイトのあるテーマを選んだ方がよいです。

というのも、自分のブログで『JIN』を使っているにも関わらず、アフィリエイトがある『STORK19』を推していたら違和感ですよね。

もちろん、ただ単にブログを書きたいだけであれば、アフィリエイトがないテーマでもいいですが、稼ぎたい人はアフィリエイトがあるテーマを選ぶことをおすすめします。

実際にアフィリエイトがある有名な有料テーマは以下の通りです。

有料テーマアフィリエイトの有無
SANGO
STORK19
JIN
AFFINGER5
THE THOR
SWELL
DIVER
賢威

JIN』や『SANGO』を使っている人が、他のテーマをおすすめしているのは、自分のテーマにアフィリエイトがないからですね。

僕がアフィンガーにしたのも、アフィリエイト機能があるのが1つの要因です!

自分の気に入ったテーマをみんなに共有して稼ぎたい!と思っている人は、アフィリエイト機能があるかどうかも確認しておきましょう。

結局おすすめの有料テーマはどれ?

結論、人によって状況が違うので、一概にこれが一番良いとは言えません。

以下の表を参考にして、自分の好きなテーマを確認してみることが大切です。

有料テーマ値段(税込み) 使い回し可能 アフィリエイト機能
SANGO10,800円
STORK1911,000円
JIN14,800円
AFFINGER514,800円
THE THOR16,280円
SWELL17,600円
DIVER17,980円
賢威24,800円

横にスライド可能です

僕の場合は、『値段が安い』『使い回し可能』『アフィリエイト機能あり』のテーマがよかったので、アフィンガーにしました。

また、別サイト用に「SWELL」を購入したのは、実際に機能性を確かめたかったからですね!

本当に迷ったときは、僕と同じアフィンガーにしておけば、間違いないですが、優先すべきは『自分の好きなデザイン』や『求める条件』です。

自分の好きなテーマの方がブログも継続しやすいので、まずは自分が尊敬する人のブログのテーマを確認してみましょう。

まとめ:自分が好きなデザインのテーマを使おう!

今回は、有料テーマを決めるときに基準5つについて紹介しました。

  1. 値段
  2. デザイン・機能性
  3. SEO対策
  4. 使い回し可能か
  5. アフィリエイトがあるか

有料テーマはかなり高い買い物ですので、自分が譲れないポイントを見極めつつ、好みのものを選んでいきましょう。

上で紹介したテーマについては、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事
【最新版】WordPressおすすめ有料テーマ7選を徹底比較
関連記事
【限定特典付き】AFFINGER5(アフィンガー5)の評判・口コミを徹底解説

-WordPress Theme