Blog Knowledge

たった一週間でGoogleアドセンスの審査に合格した僕がやったこと7選

2020年3月21日

・Googleアドセンスに通らない

・具体的に何をすれば合格するの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は、副業ブログで収益6桁を稼ぐ大学生。
Twitter(@you_blog2912)を運営しています。

実際、僕はブログを開設して2日でGoogleアドセンスを申請し、1週間後にGoogleアドセンスの合格通知が来ました。

今回は、そんな僕がGoogleアドセンスに合格するために行った、7つの作業について詳しく紹介していきます。

100%合格するわけではないですが、自分のサイトと比べて足りないところは補充してみてください!

✔この記事の内容
・Googleアドセンスに合格するためのポイント7つ

Googleアドセンスに合格するためにしたこと

まず最初に、どんな感じでGoogleアドセンスに合格したのか簡単に紹介しますね。

【Googleアドセンスに合格するまで】
・ブログ開設(0記事)
・2日後:Googleアドセンスに申請(2記事)
・1週間後:Googleアドセンスに合格(8記事)

僕は、記事に自信があったので、ブログ開設2日にGoogleアドセンスに申請して、8記事書き終えた段階で合格通知が来ました。

では、この1週間の間にどんなことをやったのか、具体的に紹介していきます。

アドセンス合格するためにやったこと7選

  1. サイトデザイン
  2. 記事数と文字数
  3. 一貫したテーマづくり
  4. ポリシー違反をしない
  5. アフィリエイト記事を貼らない
  6. SSL化をした
  7. 独自性を出した

それでは、一つずつ話していきます。

アドセンス合格するためにやったこと➀サイトデザインを整えた

WordPressには、『テーマ』と呼ばれるものがあり、サイトデザインをカスタムできるものがあります。

この設定は、「外観」➔「テーマ」から設定できるのですが、私が実際に使っているテーマは『AFFINGER5』という有料テーマです。

有料テーマは少し高いですが、後から入れると装飾が崩れて大変なので、早めがおすすめです!

アフィンガーを使えば、Googleアドセンスに合格するために必要といわれている『お問い合わせフォーム』も最初からついてきます。

実際、このアフィンガー5は有名ブロガーの人も多数使用しているので、気になる人は、以下の記事をチェックしてみてください。

関連記事
>>【AFFINGER5】アフィンガー5の評判・口コミ徹底解説

アドセンス合格するためにやったこと➁記事数と文字数

Googleアドセンスに申請したときは、記事数が2記事でしたが、いずれの記事も3,000字は超えていました。

そして、Googleアドセンスに合格したときの記事数は8記事で、この時の文字数も最低1,500字は超えていました。

Googleアドセンスに合格するために必要な記事数は、10記事以上といわれていますが、以下の記事数、文字数を意識して書くようにしましょう。

【参考】アドセンスに合格するための記事・文字数
・記事数:10記事以上
・文字数:1,500字以上

アドセンス合格するためにやったこと➂一貫したテーマづくり

Googleアドセンスに合格するために意識したことは、記事テーマを一貫して書くということです。

例えば、

・ブログについて1記事
・料理について1記事
・旅行について2記事

のように、記事に統一性がないとGoogleアドセンスに合格しにくくなります。

始めのうちは、テーマを1つに絞って10記事程度書くことを意識しましょう。

アドセンス合格するためにやったこと➃ポリシー違反しない

Googleは、広告の価値を下げる可能性のあるサイトには、広告を貼らせてはくれません。

Googleアドセンスのポリシー違反には、以下のようなものがあります。

・違法なコンテンツ
・知的財産権の侵害
・絶滅危惧種
・危険または中傷的なコンテンツ
・不正行為を助長する商品やサービス
・不適切な表示に関連するコンテンツ
・悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア
・露骨な性的描写を含むコンテンツ
・国際結婚の斡旋
・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
・児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

Googleヘルプより引用

上の項目に当てはまる記事を書くと、アドセンスには合格できないので注意してください。

普通に記事を書いていたら、基本ポリシー違反に引っかかることはないので大丈夫です!

参考
>>Googleポリシー違反規約

アドセンス合格するためにやったこと⑤アフィリエイト記事を貼らない

ブログ収益を得る手段は、Googleアドセンスのほかに「アフィリエイト」というものがあります。

Googleアドセンスに合格する前に、アフィリエイト広告を貼ってしまうと、Googleアドセンスと競合してしまう可能性があります。

実際は、アフィリエイト広告を貼っていても合格することはあるので、貼っていても問題ないかもです!

アドセンス合格するためにやったこと➅SSL化した

『SSL化』とは、Secure Sockets Layerの略で、インターネット上のデータ通信を暗号化し、サイトの安全性を高めるものです。

すごい難しく聞こえますが、作業としては『http:』を『https:』にするだけです!

SSL化のやり方については、各サーバーによってやり方が違うので、自分が使っているサーバーでのやり方を調べてみましょう。

エックスサーバーのSSL化については、以下の記事で紹介しています。

関連記事
>>エックスサーバーのSSL化の手順

アドセンス合格するためにやったこと⑦独自性(オリジナリティー)を出す

記事やサイトデザインに『独自性(オリジナリティー)』を出すことを意識しました。

Googleは、利益を出してくれるサイトのみ、アドセンス合格を出してくれます。

つまり、『多くの人が見てくれるサイト』が合格しやすいのです。

独自性のあるサイトの方が、他のサイトにはない情報が多くある可能性があるので、アクセスが集まりやすいと考えられます。

具体的な独自性の出し方は、以下のようなものがあります。

【独自性の出し方】
・有料素材を使う
・自分で撮った写真を使う
・PowerPointなどで図を作る

僕の場合は、趣味で撮影した写真を使用したり、パワーポイントでブログ画像を自作したことが、独自性を生み出したと考えられます。

他にも『シャッターストック』などの有料素材を使うことで、独自性を出すことも可能です!

まとめ:Googleアドセンスに合格してブログで収益化しよう!

今回は、Googleアドセンスに合格するために、僕がやってきたことを話してきました。

アドセンス合格するためにやったこと7選

  1. サイトデザイン
  2. 記事数と文字数
  3. 一貫したテーマづくり
  4. ポリシー違反をしない
  5. アフィリエイト記事を貼らない
  6. SSL化をした
  7. 独自性を出した

絶対こうすればGoogleアドセンスに合格する!というものはありません。

しかし、質のいい記事を書き続ければ必ず合格できるので、上のことを意識しながら記事を書き進めてみてくださいね。

合格した後は、アフィリエイトサイトに登録してさらに収益化を目指しましょう!

関連記事
>>【厳選】ブログ初心者おすすめアフィリエイト(ASP)サイト3選

-Blog, Knowledge