Blog Knowledge

【WordPressエックスサーバー】SSL化のやり方を解説【5分で完了】

・URLのSSL化ってどうやってやればいいのですか?

悩んでいる人

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は、副業ブログで収益6桁を稼ぐ大学生。
Twitter(@you_blog2912)を運営しています。

Googleアドセンスの審査に通るために必要なSSL化ですが、そもそもSSL化って何?という人もいるかと思います。

そこで今回は、エックスサーバーのSSL化の手順をわかりやすく紹介します。

ゆーさく

それでは早速、見ていきましょう!

そもそもWordPressSSL化とは?

SSL化(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上のデータ通信を暗号化し、サイトの安全性を高めるものです。

すごい難しそうですが、作業としては『http:』を『https:』にするだけ。

上の内容はふーんくらいで大丈夫です!

ゆーさく

WordPresエックスサーバーのSSL化の手順

エックスサーバーのSSL化は5分くらいあればできるので、さっそくやっていきましょう。

WordPresエックスサーバーのSSL化の手順➀httpをhttpsにする

まずは、WordPressの『管理画面』にアクセスして、『設定』➔『一般』をクリックしましょう。

上のように、WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の2つどちらとも、「http」の後ろに「s」を加えて、『https』にして、『変更を保存』します。

変更を保存すると、いったんログイン画面に戻りますが、URLを確認すると『https』になっていると思います!

ゆーさく

次に、『ユーザー名』『パスワード』の2つを入力してログインしてください。

ログインが出来たら、これでWordPressでの設定は完了です。

WordPresエックスサーバーのSSL化の手順➁エックスサーバーでリダイレクト設定

次は、エックスサーバーで『リダイレクト設定』をしていきます。

難しく聞こえますが、httpからhttpsにURLが変わったことを、サーバーに連絡することです!

ゆーさく

まずは、エックスサーバーの『サーバーパネル』にアクセスし、ログインします。

>>サーバーパネルにアクセス

ログインしたら、画面左下にある、『.htaccess編集』をクリックして、先ほど編集したドメインをクリックします。

『.htaccess編集』➔『.htaccess編集(右タブ)』をクリックすると、複雑な文字列が出てきますので、この文字列を『すべてコピー』します。

この文字列は、必ずコピーしてどこかに保存しておきましょう!

ゆーさく

上のコードを保存したら、次は下のコードをすべてコピーして、文字列の『一番上にコピペ』してください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

※この時、必ずすべての文字列がコピーされていることを確認しましょう。すべてコピーされていないと、ブログが開かなくなる恐れがありますので、注意しましょう。

実際にコピペするとこんな感じになります。

同じようにできたら、『確認画面に進む』をクリックして、『実行する』をクリックします。

これで、リダイレクト設定はおしまいです!お疲れ様でした。

ゆーさく


まとめ:SSL化をしてサイトを安全に運営しよう!

今回は、サイトの安全性を増すための『SSL化』について紹介しました。

『SSL化』は、Googleアドセンスの合格にも必要な作業になりますので、まだやっていない人は、早めにやっておきましょう。

SSL化をして、安全なサイト運営をすることが大切ですね!

ゆーさく

実は、『SSL化』のほかにも、最初にやっておくべき初期設定がいくつかあります。

初期設定を始めのうちにやっておかないと、後々取り返しのつかない事態に陥りるので、初めのうちに必ずやっておきましょう。

初期設定が不安な人は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
>>【初心者向け】WordPressブログのやっておくべき初期設定7選

-Blog, Knowledge

© 2020 YusakuBlog Powered by AFFINGER5