Blog Writting

【実績0でもOK】ブログ記事の信頼性を上げる文章の書き方3選

・実績がないので困っています

・信頼性を上げる文章の書き方を教えてください!

悩んでいる人

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は、副業ブログで収益6桁を稼ぐ大学生。
Twitter(@you_blog2912)を運営中。

ブログを始めたばかりだと、実績がなくてなかなか信頼性を出すのが難しいですよね。

そこで今回は、実績がない人でも信頼性が高めることができる文章の書き方について紹介します。

この記事の内容

✔ 記事の信頼性を上げる文章の書き方3選
✔ 書き方の注意点

この記事を読めば、初心者でも信頼性を高める文章の書き方がわかるので、参考にしてみてください。

『信頼性』とは実績だけではない

結論、『信頼性』は目に見える実績がなくても高めることができます。

やり方は簡単で、『相手がわからないことを理解させる。』これだけです。

例えば、勉強していてわからない問題があったときに、友達に聞いたとしましょう。

その友達が、その問題をわかりやすく説明してくれて解決した場合、『この子すごいな!』ってなりますよね。

こんな感じで、人はわからなかったものが理解できると、教えてくれたその人をすごい人だと思うのです。

つまり、記事の中で読者に『わかりやすい』『なるほど』と思わせることが大切になります。

では実際に具体例を見てみましょう!

ゆーさく

信頼性を上げる文章の書き方3選

以下の3つを1つのセットとして記事の中に盛り込むと、相手に信頼性のある記事と思わせることができます。

  1. 難しい言葉➔言葉の説明
  2. 具体例・体験談
  3. 引用・データを載せる

例えばこんな感じです。

➀難しい言葉➔言葉の説明
ブログ初心者は「ロングテールキーワード」で記事を書いていきましょう。(ロングテールキーワード?
ロングテールキーワードとは、キーワードが3語以上のキーワードを指します。

➁具体例・体験談
例えば、「ブログ 初心者 稼ぎ方」のようなものがロングテールキーワードで、
逆に「ブログ」みたいに1語のキーワードのものを「ビックキーワード」といいます。(なるほど、けどどうしてロングテールキーワードなの?

➂引用・データを載せる
ビックキーワードと比べて、ロングテールキーワードは競合が弱いので、初心者でも検索上位を取りやすいのです。
また、ロングテールキーワードは検索の8割を占めているというデータが出ているので、初心者はロングテールキーワードを攻略することで、短期間でブログを伸ばすことができますよ。(なるほど、納得!

この書き方のポイントは、最初にわざと難しい言葉を使って、読者の頭に「?」と思わせることです。

相手の頭の中に『疑問』を浮かばせて、それをわかりやすく具体例やデータとともに解説するだけで、信頼性のある文章が書けます。

難しい言葉としてわざと『テクニカルターム(専門用語)』を使うのが効果的です!

ゆーさく

信頼性を上げる文章の書き方の注意点

この文章の書き方は、「書いている人の信頼性」が高まる書き方ではないので注意が必要です。

この書き方で高まるの『記事の信頼性』です!

ゆーさく

人の信頼性:その人の実績・結果が大切
記事の信頼性:データ・説得力のある書き方

上のような書き方を繰り返していけば、結果として書いた人の信頼性につながりますが、あくまで「記事の信頼性を上げる書き方」ということを覚えておきましょう。

まとめ:記事の信頼性を上げるのに実績や結果は必要なし!

今回は、実績がなくても信頼性を上げられる3つの書き方について紹介しました。

  • 難しい言葉➔言葉の説明
  • 具体例・体験談
  • 引用・データを載せ

記事の信頼性が上がれば、少しずつ結果が出てくるので、自分の信頼性を上げることに繋がります。

無理に自分の信頼性を出そうとするのではなく、文章の書き方で信頼性が高い記事を書くことを意識してみましょう。

信頼性が高くなる書き方はわかったけれど、記事全体の書き方とか構成はどうすればいいの?と思う人もいるかと思います。

記事の書き方には「型」があるので、全体の構成や書き方がイマイチつかめていない人は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
読まれるブログ記事構成の作り方をわかりやすく解説【テンプレ付き】

-Blog, Writting

© 2020 YusakuBlog Powered by AFFINGER5