WordPress Theme

DIVERとTHE THORどっちがおすすめ?価格や機能面などから徹底比較!

2020年5月3日

・「DIVER」と「ザトール」ってどっちがおすすめなの?

・機能面やデザインとかの違いも教えて欲しい!

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

大学生として学校の勉強をする傍ら、副業でブログ収益6桁を稼いでいる僕が、ブログ運営についてわかりやすく解説します。

「DIVER」と「ザトール」はいずれも、有料テーマの中でもかなり優秀なテーマです。

どちらも有名なテーマであるがゆえに、迷っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、先に結論から紹介しておくと、以下のようになります。

2つのテーマの判断材料

判断材料(重視するもの)おすすめテーマ
見える化機能を使いたい!THE THOR
手っ取り早くデザインを作りたい!THE THOR
少しでも安い方がいい!THE THOR
PWAが欲しい!THE THOR
ハイスペックなテーマを使いたい!DIVER
他の人とデザインが被りたくない!DIVER
SEOでガッツリ稼ぎたい!DIVER
入力補助機能で簡単にサイトを作りたい!DIVER

また、当ブログでも使用している『アフィンガー5』も最後に紹介していますので、参考にしてみてください。

それでは、さっそく料金やデザイン、機能面で2つのテーマを徹底的に比較していきましょう。

この記事の内容

✔ DIVERとTHE THORの詳細情報
✔ 2つの共通点と相違点
✔ 購入の判断基準とは?

この記事を読めば、自分に合ったテーマを選ぶことができるので、今日から有料テーマで収益を加速することが出来ますよ。

DIVERとTHE THORどっちがおすすめ?徹底比較!

それでは、まずは一覧にして詳細の比較をしてみましょう。

DIVERとTHE THORの比較

 DIVERTHE THOR
値段17,980円(税込)14,800円(税抜き)
おすすめ用途全て対応全て対応
SEO対策
AMP
PWA
ショートコード標準装備標準装備
スライドショー標準装備
表示速度
サポートメールサポートマニュアル
複数使い回し
カスタマイズ性
レスポンシブ対応
広告設置広告管理画面簡単設置
LP機能
ランキング作成

『いきなりこんな表を見せられてもわからないよ!』と思う人もいるかと思います。

そんな人のために、実際にそれぞれのテーマのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

➀:DIVER

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20200413-_1_200413_0007-1024x607.jpg です

DIVER(ダイバー)は、アフィリエイト経験のある「Webデザイナー2人」と「システムエンジニア2人」の計4人が制作した有料テーマです。

「DIVER」は僕が以前使っていたテーマで、アフィリエイトに特化しており、SEO対策が万全にされているのが特徴です。

このテーマを使えば、「企業向けのサイト」も作れてしまうのが驚きです!

DIVERには、『入力補助機能』がついているので、初心者でも簡単に「動くマーカー」や「吹き出し」の設置をすることができます。

引用:DIVERホームページ

初心者には、難しいといわれる「DIVER」ですが、僕はWordPressを始めたばかりでも、この補助機能を使って、きれいなサイトを作ることができました。

また、複数のブログに使い回すこともできるので、2つ目のブログを作るときでも、新しく買い直す必要はありません。

そんな、「DIVER」のメリットとデメリットは下のようになっています。

DIVERのメリット・デメリット

・SEOに強い
・カスタム性が高い
・サポートが充実している
・複数のブログに使い回し可能
・入力補助機能で初心者でも簡単
・多機能なので使いこなすのに時間がかかる
・少し高め

「DIVER」は、他の有料テーマと比較してみると、17,980円と少し高めの値段になっています。

多くの有料テーマの相場は、「15,000円」となっています。

正直「DIVER」は、有料テーマの中でも機能性が高く、カスタマイズ性にも優れているので、この値段でも充分お得ですし、使い回して使用もできるので、3つのブログを作れば、1つあたりは6,000円です。

とにかく『ハイスペック』を求める人におすすめです!

>>『DIVER』の詳細を見てみる

➁:THE THOR(ザ・トール)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20200413-_1_200413_0002-1024x607.jpg です

THE THOR(ザ・トール) は、フィット株式会社が制作している有料テーマです。

THE THORは、アフィリエイトやブログ作成どっちでも使えるおすすめのテーマとなっています。

THE THORでは、53個の見出しや498個ものアイコンなどがあるので、他の人とは被りにくいブログデザインを簡単に作ることが出来ます。

しかも、ボタン一つで作成することができるので、初心者の人でも簡単に操作できます。

ザ・トールのメリット・デメリット

・豊富なデザイン
・お問い合わせフォームの設置
・Gzip圧縮、ブラウザキャッシュ設定
・CSS非同期読み込み設定
・AMP,PWAの設定
・多機能なので使いこなすのに時間がかかる
・Web知識がつきにくい

さらに、『THE THOR』のテーマ自体に多くの機能が搭載されているため、自分でプラグインを入れなくても大丈夫な仕様になっています。

■THE THORに入っている機能
・目次プラグイン
・お問い合わせフォームプラグイン
・サイトマップ生成プラグイン
・吹き出しプラグイン
・関連記事を表示するプラグイン
・画像圧縮系プラグイン
・SEOプラグイン
・投稿エディター拡張プラグイン

普通のテーマだと、プラグインを入れすぎるとサイトが重くなるので、Googleから良い評価はもらえなくなりがちです。

一方、『THE THOR』は余計なプラグインを入れる必要がないため、サイト表示がとても速く検索上位に表示されやすくなります。

お値段は14,800円。『おしゃれなブログを作りつつ、収益化もしていきたい』というあなたにぴったりのテーマです。

https://twitter.com/anomalys_life/status/1235054887089520640?s=20

>>『THE THOR』の詳細を見てみる

DIVERとTHE THORとの共通点・相違点

ここまで、それぞれのメリット・デメリットについて紹介してきました。

次は、もっと具体的に「どの部分が同じ」「どの部分が違う」のか見ていきます。

DIVERとTHE THORの『共通点』

それでは、実際に共通点を見てみましょう。

箇条書きで、2つのテーマの共通点を書きだしてみると、以下のようになりました

■DIVERとTHE THORの共通点
・広告設置が簡単
・囲いや見出しなどデザインが豊富
・レスポンシブ設定
・複数ブログに使い回し可能
・AMP
・ブログアフィリエイト使用可

『レスポンシブ設定』とは、PCとスマホのどちらでもデザインが見やすく最適化される設定のことです。

いずれのテーマもデザイン性やカスタム性が高く、簡単におしゃれなサイトを作ることができます。

また、複数のサイトに使い回し可能なので、テーマが気に入った場合は買い直す心配はありませんね。

ますます迷っちゃいました、、

この段階ではなかなか優劣がつけにくいので、次に2つのテーマの相違点を見ていきましょう。


DIVERとTHE THORの『相違点』

『DIVER』と『THE THOR』の相違点は以下のようなものがあります。

■DIVERとTHE THORの相違点
・PWA対応(THE THOR)
・料金(THE THORの方が安い)
・見える化での分析機能(THE THOR)
・SEO対策(DIVER)
・カスタム性(DIVER)
・入力補助機能(DIVER)

『見える化での分析機能』は、「THE THOR」のみについている機能で、以下のような項目が記事ごとにわかるようになっています。

■見える化分析
➀総合閲覧数
➁平均閲覧数
➂タイトル文字数
➃本文文字数
⑤タイトル内キーワード数
➅本文内キーワード数
⑦内部リンク数
⑧外部発リンク数

アフィリエイトをやるうえでかなり便利な機能ですので、ガッツリ稼ぎたい人は要チェックです。

結論、DIVERとTHE THORのどっちを選べばいいの?

結論、「カスタム性と収益化」を取るなら『DIVER』、「安く無難に行きたい」なら『THE THOR』です。

どちらも非常に有名で、優秀なテーマですので、どちらを選んで後悔することはありません。

うーん、それでもまだ迷ってしまう、、

そんなは、2つのテーマの相違点を理解したうえで、「自分が何を重視するか」実際に書きだしてみると、決めやすいかと思います。

2つのテーマの判断材料

判断材料(重視するもの)おすすめテーマ
見える化機能を使いたい!THE THOR
手っ取り早くデザインを作りたい!THE THOR
少しでも安い方がいい!THE THOR
PWAが欲しい!THE THOR
ハイスペックなテーマを使いたい!DIVER
他の人とデザインが被りたくない!DIVER
SEOでガッツリ稼ぎたい!DIVER
入力補助機能で簡単にサイトを作りたい!DIVER

他にいいテーマはないの?

実は、「DIVER」や「THE THOR」と同じくらいの機能スペックを持つテーマっていて、価格もお手頃なテーマがあります。

それは、当ブログも使用しているアフィンガー5です。

実際に、価格を比較してみると、下のようになっています。

テーマ名価格
DIVER17,980円(税込)
THE THOR14,800円(税抜き)
AFFINGER514,800円(税込)

僕は、アフィンガーの機能性に引かれて、「DIVER」から乗り換えました!

『アフィンガー』は、アフィリエイト大手「A8.net」の売り上げランキング上位3人中2人が、このアフィンガーを使用しているというSEOに特化した驚愕のテーマです。

もちろん、ブログ運営にも使えて、「スライドショー」などもできるので、デザイン性や機能面でも2つのテーマと同じくらい優秀です。

https://twitter.com/nekonuko_affi/status/920928913831837697

アフィンガーを使えば、当サイトのようなスライドショーから、「光るボタン」まで、いろいろなカスタマイズが可能です。

「DIVER」や「THE THOR」と同じく、複数のブログに使い回し可能です!

2つのテーマのどちらかを、納得して選べればいいのですが、それでも決まらない場合には、ぜひ「アフィンガー5」を検討してみてくださいね。

2020年No1.有料テーマ /

AFFINGER5を見てみる

今なら5,000円相当の有料プラグインが無料

関連記事
【AFFINGER5】アフィンガー5の評判・口コミは?実際に使ってみた感想

いろいろ話してしまったので、混乱している人もいるかと思いますので、見るべきポイント3つを紹介します。

■ほかのテーマと比較するときに見るべきポイント
・有料テーマの機能性
・テーマの値段
・サイトのデザイン

これら3つを判断基準にして、自分のお気に入りのテーマを選んでみてください。

本当に、悩んで決まらないときには、実際に僕も使用している「アフィンガー」を選んでおけば、間違いありません。

機能面や価格については、このサイトで説明してきましたので、残りのデザインは、自分の目で実際にサイトに訪れて確認してみることをおすすめします。

モチベーションを上げてブログを継続していくためにも、実際に自分好みのデザインかどうか確認してみてくださいね。

今日から有料テーマを導入して、短期間で収益を加速させましょう!

関連記事
【最新版】WordPressおすすめ有料テーマ7選を徹底比較

-WordPress Theme